賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

春日井市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

春日井市の賃貸物件検索

春日井市はどんな街?

春日井市

全国のご当地へ

春日井市のタウン情報

愛知県の北西部に位置し、北部は岐阜県に隣接しています。

市域には、東名高速道路・名古屋第二環状自動車道、国道19号線、155号線、302号線といった主要幹線道路が数多く走り、交通・物流で重要な要衝となっています。

名古屋都心部につながるJR中央本線は市民の足としての役割を担い、さらには市域の一部である県営名古屋空港により空のアクセスにも恵まれています。

尾張地方を代表する住宅都市ですが、田畑や果樹園、山林、渓谷といった多様な自然風景も随所で見られます。

北部には大型の住宅団地である高蔵寺ニュータウンが広がっており、多数の居住者の生活を支えています。

産業面では、山間部を中心にサボテン・モモ・ブドウなどの栽培が盛んに行なわれています。

特にサボテンの実生栽培は全国で随一の生産量を誇り、特産品として様々な関連グッズを開発・販売しています。

また、書聖・小野道風の生誕の地とされ、書道コンクールが開催されたり書専門の美術館で展示会が開かれるなど、「書のまち」としての活気にあふれています。

春日井市

市の位置

春日井市の位置
都市イメージ

歴史

古くから庄内川の流域を中心に発達した地域で、市内には二子山古墳・高御堂古墳など200を超える古墳が残されています。

平安時代には日本武尊などを祀った内々神社が建てられ、室町時代には尾張国の天台宗の総本山である密蔵院が開山されるなど、信仰心の篤い地域でした。

江戸時代には名古屋から美濃の中山道に通じる下街道ができ、庶民を中心に多くの旅人が往来しました。

1943年(昭和18年)、4村が合併して春日井市が誕生しました。

当時は戦時中で、軍需産業都市としての役割が強かったものの、戦後は農地開拓や工場の誘致が進められ、次第に内陸の工業都市として発展していきます。

1958年(昭和33年)、高蔵寺町と坂下町を合併すると土地区画事業が活発化し、高蔵寺ニュータウンの着工により住宅都市へと変貌していきました。

2006年(平成18年)には「安全なまちづくり功労団体」として第1回内閣総理大臣表彰を受けるなど、さらなる発展を遂げています。

市の有名人(出身者)

奥田瑛二(俳優)、松崎悦子(歌手)、松村亜矢子(シンクロナイズドスイミング)、室田伊緒(将棋女流棋士) 等

日本一

  • 実生サボテン出荷量

特産品・酒

桃、ぶどう、春日井サボテンを使用した商品(「春日井コロッケ(サボテン入り)」、「サボテンのアイス」、「サボ、めん」等)/サボテン発泡酒「輝く黄金の泡」

上場企業

(株)あみやき亭

春日井市の不動産情報

春日井市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

春日井市役所の周辺地図

読み込み中・・・

愛知県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ