賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

豊明市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

豊明市の賃貸物件検索

豊明市はどんな街?

豊明市

全国のご当地へ

豊明市のタウン情報

愛知県の中部よりやや西寄りに位置しています。

市の南部は国道1号線・23号線、伊勢湾岸自動車道が合流するとともに、名鉄名古屋本線が走り、尾張東部の交通の要衝となっています。

市の東部を市域に沿って流れる境川は、かつては尾張国と三河国の境界とされていました。

北部地域は丘陵地となっており、南に向かって緩やかな平地が形成されています。

全体的に名古屋のベッドタウンとしての役割が強いものの、商工業が盛んな近代都市でもあります。

市の最大の特徴は、戦国時代の桶狭間の戦いが繰り広げられた場所ということで、毎年6月には盛大な武者行列の「桶狭間古戦場まつり」が開催され、当時にタイムスリップしたかのような迫力でにぎわいます。

市の南部には、国内最大級の取扱高を誇る愛知豊田花き地方卸売市場があり、花き・園芸の流通拠点となっています。

豊明市

市の位置

豊明市の位置
都市イメージ

歴史

鎌倉時代、市の北部を京と鎌倉を結ぶ鎌倉街道が通っており、室町時代には沓掛城が建てられるなど、この一帯はにぎわいを見せていました。

しかし慢性的な水不足によって近隣の農家は困窮しており、1528年(大永8年)には、後奈良天皇の勅旨によって勅使池などが整備されました。

1560年(永禄3年)、市の南部で織田信長が今川義元を破る桶狭間の戦いが繰り広げられ、歴史の分岐点として全国に名を響かせました。

江戸時代に入り東海道が市の南部を通ると、この地は鳴海宿の一部として一里塚が置かれました。

1889年(明治22年)、周辺の村や地域を合併して愛知郡豊明村が誕生すると、1906年(明治39年)に沓掛村を編入して現在の市域が形成され、1957年(昭和32年)に豊明町となり、1972年(昭和47年)に豊明市としての行政が始まりました。

現在では主要道路が交差する豊明インターチェンジ周辺を中心とした開発が進み、歴史と自然環境を保存しながらも、物流拠点としての新しい街づくりも進んでいます。

市の有名人(出身者)

伊藤両村(両村塾)、工藤公康(野球) 等

日本一

  • 愛知豊明花き地方卸売市場(鉢花取扱量)
  • 藤田保健衛生大学(病床数)

観光名所・人気スポット

桶狭間古戦場伝説地
  • 豊明市観光協会

    豊明市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

白菜、米、花苗

上場企業

ホシザキ電機(株)

豊明市の不動産情報

豊明市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

豊明市役所の周辺地図

読み込み中・・・

愛知県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ