賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

愛西市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

愛西市の賃貸物件検索

愛西市はどんな街?

愛西市

全国のご当地へ

愛西市のタウン情報

愛知県の西部に位置し、木曽三川を隔てて岐阜県、三重県と接しています。

名古屋市の都心部から近距離のため、住宅地として発展している一方、平坦な地形は古くから農業が盛んで、レンコン・イチゴ・トマトなどの特産品を全国に出荷しています。

西部は木曽川と長良川に挟まれた輪中地帯となっており、住民は水害対策として水屋・助命壇・上げ舟といった工夫を凝らした生活を送っています。

また、木曽川沿岸部の塩田町では、岐阜県海津市を結ぶ渡し船が運航され、近年では観光目的で利用する方が多く見られます。

アクセス面では、東部を一宮市と弥富市を結ぶ名鉄尾西線と国道155号線が縦断して、交通と物流の主要手段となっています。

愛西市

市の位置

愛西市の位置
都市イメージ

歴史

北部の佐織地区の東西野遺跡から土器などが多数出土していることから、弥生時代後期には人々が生活していたと考えられています。

その後、大きな史実は残されていませんが、戦国時代に入ると織田家や豊臣家、徳川家の天下取りの戦乱に巻き込まれました。

江戸時代には、桑名との間で渡し舟が開通するなど発展していきますが、河川の氾濫に度々悩まされます。

そこで、江戸幕府は1754年(宝暦4年)に当時の薩摩藩の武士たちを動員して治水工事を大々的に行なうものの、洪水被害はなくなりませんでした。

1878年(明治11年)、外国人技師を招いて再度木曽川の改修が行なわれ、支流を埋めたり輪中を削ったりして、現在の地形の基礎を築きました。

1889年(明治22年)の町村制施行により海東郡と海西郡に属し、1913年(大正2年)に両郡が合併して海部郡となりました。

昭和30年代には現在の市域である佐織町・佐屋町・立田村・八開村となり、2005年(平成17年)、4町村が合併して愛西市が誕生しました。

市の有名人(出身者)

加藤高明(政治家)、津田正生(尾張地名考の著者) 等

観光名所・人気スポット

釜地蔵寺
  • 愛西市観光協会

    愛西市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

れんこん、いちご、トマト、にんじん、大根、花き、木魚/義侠、平勇正宗、千瓢、やまはい、雲井

愛西市の不動産情報

愛西市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

愛西市役所の周辺地図

読み込み中・・・

愛知県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ