賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

弥富市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

弥富市の賃貸物件検索

弥富市はどんな街?

弥富市

全国のご当地へ

弥富市のタウン情報

愛知県の西部に位置し、三重県と隣接する、海抜ゼロメートルの臨海都市です。

日本の金魚の全品種が揃い、「金魚の聖地」と呼ばれる程金魚の飼育・流通が活発で、全国規模の品評会なども行なわれています。

ここで育てられた金魚は「弥富金魚」のブランド名で全国のファンの間で高い評価を受けています。

市街地はJR関西本線と名鉄尾西線総合駅である弥富駅と、近鉄名古屋線の近鉄弥富駅周辺に形成されており、名古屋市のベッドタウンとして宅地開発が進んでいます。

その周囲には農地が多く、稲作をはじめ露地栽培、花き栽培などが盛んです。

弥富市

市の位置

弥富市の位置
都市イメージ

歴史

平安時代まで市域のほとんどが海中にありました。

1159年(平治元年)、平治の乱に敗れた源義朝らは逃げ延びる際にこの地を通過したという記録が残っています。

室町時代に徐々に干拓が進み、人々が移住してきました。

戦国時代は服部党が支配していましたが、織田信長に対して一揆を起こすと、信長によって壊滅状態に陥りました。

その後、服部正友らによって復興を遂げ、その屋敷が国の重要文化財に指定されています。

江戸時代に入って治世が安定すると、干拓地の開発が活発に行なわれるようになります。

東海道などの主要道路とは離れていたため、大半が農村地帯として利用されていきますが、1872年(明治5年)、新しい東海道が整備されるとそのルートに入り、木曽川を渡る尾張大橋、揖斐・長良川を渡る伊勢大橋が相次いで完成し、交通の要衝として発展していきました。

1959年(昭和34年)、伊勢湾台風がこの地域を直撃し、甚大な被害を受けました。

翌年の1955年(昭和30年)に海部郡弥富町・鍋田村・市江村の東南部が合併して弥富町となり、2006年(平成18年)に海部郡十四山村を編入して弥富市となりました。

市の有名人(出身者)

服部擔風(漢詩人)、大錦大五郎(横綱) 等

日本一

  • 金魚(生産高)
  • 白文鳥(発祥)

観光名所・人気スポット

弥富野鳥園
  • 愛知県観光連盟

    愛知県観光連盟の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

金魚、みつば、トマト、いちじく

弥富市の不動産情報

弥富市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

弥富市役所の周辺地図

読み込み中・・・

愛知県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ