賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

あま市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

あま市の賃貸物件検索

あま市はどんな街?

あま市

全国のご当地へ

あま市のタウン情報

愛知県の西部に位置し、市域の大半は海抜ゼロメートル地帯となっています。

市街地として発展しているのは、名鉄津島線や県道79号線沿線などで、その近隣にはショッピングセンターや商業施設が集中しています。

そうした繁華街を少し離れると、田園風景が広がっていたり、小さな公園が点在しています。

また、古くからの農家と新興住宅が混在していることも特徴で、伝統と活気にあふれた市域を形成しています。

アクセス面では、ほぼ中央部に名古屋第二環状自動車道と国道302号線が、西部に西尾張中央道が縦断しており、他市を結ぶ重要な幹線道路となっています。

北部の甚目寺地区には、尾張四観音のひとつで三重塔がそびえる甚目寺観音があり、数多くの参拝客が訪れます。

また、南部の七宝地区では、伝統工芸の七宝焼が盛んで、近年は実際に製作できる体験教室も人気を呼んでいます。

あま市

市の位置

あま市の位置
都市イメージ

歴史

あま市のシンボルである甚目寺観音は、597年(推古5年)が始まりだと伝えられています。

天智天皇から宝鏡を、天武天皇から鳳凰山の額を下賜されるなど、長きにわたって地域の仏教の聖地として名を馳せました。

戦国時代、この地域は豊臣秀吉の生家に近いこともあり、蜂須賀小六や福島正則など数々の武将を輩出しました。

市の特産品である七宝焼は、19世紀中頃に生産が活性化し始めます。

1867年、パリで開催された万博で出品されると一躍脚光を集め、世界にも知られるようになりました。

2010年(平成22年)、海部郡七宝町・美和町・甚目寺町が合併して、あま市が誕生しました。

住宅地と田園風景、伝統と先進性が調和した市として新たなスタートを切っています。

日本一

  • 七宝焼
  • ハケの生産量

観光名所・人気スポット

鳳凰山甚目寺
  • あま市観光協会

    あま市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

七宝焼、越津ねぎ、小松菜、ハケ、ミズナ、ミブナ、七宝みそ、七宝しょうゆ、方領大根

上場企業

あま市の不動産情報

あま市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

あま市役所の周辺地図

読み込み中・・・

愛知県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ