賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

愛知郡東郷町のタウン情報/ご当地あれこれ検索

愛知郡東郷町の賃貸物件検索

愛知郡東郷町はどんな街?

愛知郡東郷町

全国のご当地へ

愛知郡東郷町のタウン情報

東郷町は愛知県のほぼ中央部、名古屋市と豊田市の間に位置しています。

周辺都市への通勤・通学圏として住宅地開発を中心に発展してきました。

市街化は進んでいますが、周辺には水と緑豊かな自然が残り、快適でうるおいのある住環境が特色です。

また、ボートの全国大会が開催される東郷池、伝統あるゴルフコースなどを有し、「水とみどりとボートのまち」とも称されています。

東郷町商工会では、「愛2(あいあい)ブランド」として町内の農産物を利用した特産品の開発を行なっており、味噌だれ、タルト、アイス、チーズケーキなどの試作品が作られています。

また、町民同士の交流を深め、地域振興を目指すイベントとして毎年夏には町民納涼まつりが開催され、盆踊りや特産品の販売が行なわれます。

交通では町内に国道153号が通る他、県道が主要道路となっています。

町内の各所は、巡回バス「じゅんかい君」や名鉄バス、JR東海バスによる路線バスによって結ばれています。

愛知郡東郷町

町の位置

愛知郡東郷町の位置
都市イメージ

歴史

町内には須恵器や灰釉陶器を焼いた平安時代初期の窯跡が見つかっていることなどから、古代より人々が生活を営み、土器作りにも従事していたことが分かります。

名刹として知られる祐福寺は鎌倉時代に源頼朝の家臣であった宇都宮頼綱によって創建され、以来念仏の大道場として栄えました。

愛知県の指定文化財となっている祐福寺の勅使門は、室町時代に後奈良天皇の勅使を迎えるために建造され、朱塗りの扉には菊の紋章が施されています。

江戸時代には、祐福寺土塀が仁空上人によって築かれ、現在は町の指定文化財となっています。

1906年(明治39年)に近隣の村が合併し東郷村が誕生。

1959年(昭和34年)に愛知池が着工し、1961年(昭和36年)に愛知池に導水が完了しました。

東郷町制を施行したのは1970年(昭和45年)。

現在、東郷町では地域循環型社会を目指し、「人とまち みんな元気な 環境都市」に向けたまちづくりを進めています。

観光名所・人気スポット

愛知池
  • 愛知県観光連盟

    愛知県観光連盟の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

上場企業

愛知郡東郷町の不動産情報

愛知郡東郷町のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

愛知郡東郷町役場の周辺地図

読み込み中・・・

愛知県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ