賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

丹羽郡扶桑町のタウン情報/ご当地あれこれ検索

丹羽郡扶桑町の賃貸物件検索

丹羽郡扶桑町はどんな街?

丹羽郡扶桑町

全国のご当地へ

丹羽郡扶桑町のタウン情報

扶桑町は愛知県の西北部に位置し、東は犬山市、西は江南市、南は大口町、北は木曽川を隔てて岐阜県各務原市と接しています。

濃尾平野の一部をなす、おおむね平坦な土地で形成されており、北部は高く、南部はやや低くなっています。

名古屋市のベッドタウンでありながらも、町域には豊かな田園風景が広がる、自然の多いまちです。

町の産業もそんな自然の恩恵を受けた物です。

かつては養蚕が盛んで、県の養蚕地帯の一翼を担っていました。

現在はダイコン、ゴボウなどを主とした農業や畜産が基幹産業になっています。

特にこの地で生産される守口ダイコンは特産品として有名です。

また、町を代表する工芸品に、野点やお茶会、寺院の儀式などで装飾に用いられる儀典用端折長柄傘(つまおり傘)があります。

その歴史は約400年にものぼり、県指定無形文化財にも認定されています。

鉄道は名古屋鉄道の名鉄犬山線が通り、町内には3駅が置かれています。

道路では国道41号線などが走っています。

丹羽郡扶桑町

町の位置

丹羽郡扶桑町の位置
都市イメージ

歴史

町内に古墳があることから、扶桑の地では古くから人々が生活を営んでいたと考えられます。

木曽川堤防が築かれる以前、およそ400年前の時代は、木曽川の氾濫により、人々は水害と必死に戦いながら暮らしを続けていました。

堤防完成後も時折水害に見舞われましたが、この地で暮らす人々の努力のもと、地域は着実に繁栄していきます。

江戸時代には尾張藩の所領となった扶桑の地。

明治時代以降は丹羽郡に属することとなりました。

そして1906年(明治39年)に高雄村・山名村・豊国村・柏森村が合併し、扶桑村が発足します。

地域では養蚕が盛んになり、続く大正時代まで扶桑村は養蚕・生糸の集散地として栄えました。

以上の経緯を経て1952年(昭和27年)に扶桑町制が施行されました。

現在の扶桑町は町民の視点からの諸政策に取り組むことを念頭に、福祉の増進や産業の活性化などに力を注いでいます。

観光名所・人気スポット

扶桑教会(扶桑チャペル)
  • 愛知県観光連盟

    愛知県観光連盟の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

上場企業

日本デコラックス(株)

丹羽郡扶桑町の不動産情報

丹羽郡扶桑町のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

丹羽郡扶桑町役場の周辺地図

読み込み中・・・

愛知県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ