賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

海部郡大治町のタウン情報/ご当地あれこれ検索

海部郡大治町の賃貸物件検索

海部郡大治町はどんな街?

海部郡大治町

全国のご当地へ

海部郡大治町のタウン情報

大治町は愛知県の西部に位置し、南北に流れる一級河川の庄内川と新川、及び二級河川の福田川に囲まれています。

この庄内川を挟んで名古屋市と接しており、距離にすると名古屋駅まで約5キロメートルと言う恵まれた立地条件を備えています。

したがって名古屋市のベッドタウンとして機能しているまちで、町内には名古屋市水道局の浄水場があるなど、名古屋市とは親密なかかわりがあります。

ベッドタウンとして住宅地が多い中、専業・兼業農家も数多く、特産の赤しそをはじめ、ほうれん草、モロヘイヤ、小松菜、青ネギなどの生産が盛んです。

また町の工芸品には、扇子の骨組みとなる竹材の扇骨があります。

道路では、国道302号が通じている他、東名阪自動車道と名古屋高速道路万場線が町の南端で接続しています。

名鉄バスと名古屋市営バスも運行されており、主要施設を巡っています。

最寄りの鉄道駅は、名古屋市中村区にある中村公園駅など。

海部郡大治町

町の位置

海部郡大治町の位置
都市イメージ

歴史

大治町には古くからの歴史があります。

律令制が制定された頃は中島郷に、平安時代以降は富田荘・松葉荘に属していました。

ときは移り江戸時代に入ると、地域は清洲代官や名古屋の大代官の支配となります。

大治町の前身となった大治村が発足したのが1889年(明治22年)。

発足当時、人口4,649人、戸数877戸と、海部地方で最大の規模を誇っていました。

そして1975年(昭和50年)、大治町制を施行し、大治町が誕生しました。

大治村の時代から純農村のまちでしたが、名古屋市と隣接していることから、第二次大戦後は次第に都市化が進んでいきます。

昨年の東日本大震災を鑑み、「災害時における相互応援に関する協定」が結ばれた海部地域。

現在、名古屋市やあま市と新たに協定を結ぶ計画を進め、医薬品・日用品関係の店舗とも協定を結ぼうとするなど、安心・安全なまちづくりのため、積極的に防災対策に携わっています。

観光名所・人気スポット

明眼院
  • 愛知県観光連盟

    愛知県観光連盟の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

海部郡大治町の不動産情報

海部郡大治町のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

海部郡大治町役場の周辺地図

読み込み中・・・

愛知県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ