賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

津市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

津市の賃貸物件検索

津市はどんな街?

津市

全国のご当地へ

津市のタウン情報

伊勢平野のほぼ中央部、伊勢湾に面した都市で、日本一短い地名として知られています。

1889年に県内で最初に市制施行しました。

県庁などの行政機関や国立大学、県立美術館などが置かれる一方、工場誘致に力を入れていますが、工業出荷額は隣接する四日市、鈴鹿、亀山などに次ぐ順位となっており、比較的小規模な県庁所在地と言えます。

海岸部は国立公園にも指定されており、ノリの養殖などが行なわれています。

毎年秋に行なわれる「津まつり」の「唐人踊り」は県の無形文化財に指定され、華麗な姿でまつりを彩ります。

津市

市の花

ツツジ

市の木

ケヤキ

国際友好・姉妹都市

ブラジル・オザスコ市、中国・鎮江市

市の位置

津市の位置
都市イメージ

歴史

古くは「安濃津(あのつ)」と呼ばれ、福岡の博多、鹿児島の坊津とともに日本三津のひとつに挙げられる港町でした。

中国・明王朝時代には対明貿易の拠点であるとともに、伊勢神宮参詣者の宿場町として全国から参拝客なども大勢訪れ、4,000戸以上の街並みを誇りましたが、1498年の大地震で河口が埋まり、港としての機能を失いました。

戦国時代には北伊勢を攻略した織田信長が、弟の信包をこの地に配します。

信包は津城を築城し、城主は富田氏に代わりますが、当時は500戸程の小規模な城下町でした。

ところが1608年、城造りの名手・藤堂高虎がこの地を居城とすると、一気に発展していきます。

高虎は城の拡張を行ないながら伊勢街道を城下に引き入れたり、商業地と農地を区別するなど、城下の経営を積極的に推進します。

その成果もあり、32万石の城下町へと変貌します。

1889年に市制を施行し、県下で初めての市として誕生しました。

2006年の平成の大合併により、近隣の10市町村と合併し、新市制の津市が誕生しました。

市の有名人(出身者)

谷川士清(国学者・「和訓栞」著者)、川喜田半泥子(陶芸)、川喜田二郎(文化人類学者)、吉田沙保里(レスリング) 等

日本一

  • 短い地名
  • 津競艇場(昭和27年に全国初の認可)

特産品・酒

津ぎょうざ、小女子、カタクチイワシ、鰻料理、キャベツ、梨、ずいき、伊勢茶、米、木材(杉・檜)、イチゴ、しいたけ、肉牛、高田仏壇/清酒(初わらひ、きげんよし、寒紅梅)

上場企業

井村屋グループ(株)

津市の不動産情報

津市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

津市役所の周辺地図

読み込み中・・・

三重県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ