賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

四日市市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

四日市市の賃貸物件検索

四日市市はどんな街?

四日市市

全国のご当地へ

四日市市のタウン情報

三重県北部に位置する、県下最大の商工業都市として県内の経済的基盤を担っています。

市の北西部の鈴鹿山系から東部の伊勢湾にかけてはなだらかな地形で、都市機能は東部に集中しています。

特に近鉄四日市駅周辺は商業施設が密集し、県下でも最大の賑わいを見せています。

臨海地域はコンビナートや製油工場が建ち並び、夜景スポットとして人気を集めています。

また、西部を中心に自然を活かしたレジャー施設も充実しており、四季折々に市民の憩いのエリアとなっています。

一方、地場産業では萬古焼をはじめ、お茶・素麺・酒・畜養ハマグリなどの生産が盛んです。

交通では、東名阪自動車道・伊勢湾岸自動車道が接続している他、国道1号線・23号線が縦断し、経済都市としての物流を支えています。

鉄道もJR関西本線や近鉄名古屋線、近鉄内部線、近鉄湯の山線、近鉄八王子線が乗り入れ、市街地や郊外を網羅しています。

四日市市

市の位置

四日市市の位置
都市イメージ

歴史

旧石器時代には集落ができ上がり、縄文時代以降の遺跡が多く発見されています。

市内には前方後円墳の志氏神社古墳をはじめ数々の古墳が残り、往時の繁栄を偲ばせます。

奈良時代には仏教文化が伝わり、智積廃寺や上品寺の釈迦如来坐像などが造られました。

この頃にはすでに区画整理が行なわれ、高い都市機能が備わっていました。

平安時代から伊勢平氏の支配下となると、15世紀には「四」の付く日に定期市が開催されるようになりました。

これが地名の四日市に由来しています。

江戸時代以降は天領となり、北勢地方の行政・商業の中心地として発展していきました。

幕末から明治にかけては菜種油や肥料の生産・取引が盛んに行なわれ、四日市港が整備されると繊維工業・機械工業・化学工業などが目覚ましく進出していきます。

その反動で、昭和30年代頃から大気汚染が深刻化し、四日市ぜんそくを発病する人が多発。

大きな社会問題となりました。

市制としては、1897年(明治30年)に四日市市が誕生したのち、2005年(平成17年)に楠木町と合併するまで周辺の町村を編入し、現在の市域となりました。

現在は30万都市となり、三重県初の中核市へ歩み始めています。

市の有名人(出身者)

丹羽文雄・伊藤桂一(作家)、巨砲丈士(相撲)、田辺信男(音楽家)、服部尚貴(カーレーサー)、藤波貴久(トライアルライダー)、水野美紀(女優)、桂福団治(落語家)、加藤歩(お笑いタレント)、川村昌弘(プロゴルファー)、瀬木直貴(映画監督)、Ms.OOJA(シンガソングライター) 等

日本一

  • 萬古焼「土なべ」生産
  • からくり人形「大入道」
  • 蓄養はまぐり出荷高

特産品・酒

四日市萬古焼、大矢知手延素麺、伊勢茶、シクラメン、梨、メロン、トマト、はまぐり、日永うちわ、タオル/はま娘、天遊琳、三重の寒梅、三滝川、キンミヤ焼酎

上場企業

(株)三重銀行

四日市市の不動産情報

四日市市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

四日市市役所の周辺地図

読み込み中・・・

三重県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ