賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

桑名市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

桑名市の賃貸物件検索

桑名市はどんな街?

桑名市

全国のご当地へ

桑名市のタウン情報

三重県の北東部に位置し、東を愛知県と岐阜県に接しています。

西側に鈴鹿山脈、北に養老山地がそびえており、東部には木曽三川が流れ、南東部は伊勢湾に面する、緑と水に恵まれた自然環境を誇ります。

市の北部の多度地域は山間部が広がっている一方、中央部から南部にかけてはゆるやかな平野部を形成し、都市化が進んでいます。

市内には30もの商店街があり、下町的な雰囲気が随所で見られる一方、木曽三川を漁場とした漁業が活発で、特にハマグリは全国的に有名です。

また、古くから鋳物産業が盛んで、いたる所で鋳物が使われています。

多度大社・多度温泉・六華苑・長島温泉・なばなの里・七里の渡といった観光資源も豊富にあり、観光都市としての側面もあります。

交通面では、JRや私鉄の主要駅があり、東名阪自動車道、伊勢湾岸自動車道、国道1号線・23号線の主要道路が市内を走っているため、非常に優れた交通網を誇ります。

桑名市

市の位置

桑名市の位置
都市イメージ

歴史

市の北部の多度大社は、5世紀後半に建立された由緒ある社殿で、北勢地方の総氏神様として崇められました。

現在も行なわれている上げ馬神事は、南北朝時代に始まった由緒ある神事です。

また、各地で古くから人々の生活も盛んで、深谷地区に代表される古墳時代の集落跡や、平安時代に建てられた深江神社、室町末期の安永城などが残されています。

南部では1571年(元亀2年)に織田信長による焼き打ちで大きな打撃を受けましたが、江戸時代には桑名藩の城下町、東海道の宿場町・港町として栄え、隆盛を誇るようになります。

時代が明治になると廃藩置県で桑名県と長島県が設置されますが、その後三重県の一部となりました。

1889年(明治22年)に市町村制が施行されると、周辺の集落は桑名町・益生村・赤須賀村・大山田村などの町村になり、1937年(昭和12年)、桑名町と西桑名町が合併して桑名市が誕生しました。

その後、周辺の村々と合併して市域を拡大し、2004年(平成16年)に多度町・長島町を編入して現在の桑名市となりました。

今後は観光都市としてさらなる発展が期待されています。

市の有名人(出身者)

瀬古利彦(陸上競技) 等

日本一

  • 石取祭(国指定重要無形民俗文化財-日本一やかましい祭)
  • 伊勢大神楽(国指定重要無形民俗文化財)
  • 上げ馬神事(県指定無形民俗文化財:多度祭)
  • 北勢線(日本一線路幅が狭い特殊狭軌(ナローゲージ)の鉄道)

観光名所・人気スポット

なばなの里
  • 三重県観光連盟

    三重県観光連盟の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索
G7 伊勢志摩サミット2016

2016年5月26日・27日に開催される「伊勢志摩サミット」を応援しよう!

特産品・酒

鋳物、精密機械、半導体、サンダル履物、海苔、しじみ、蛤、しらうお、鯉料理、花卉、観葉植物、植木、八壺豆、なばな、トマト、みかん、たけのこ、安永餅/青雲、名水正宗

上場企業

(株)柿安本店

桑名市の不動産情報

桑名市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

桑名市役所の周辺地図

読み込み中・・・

三重県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ