賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

鈴鹿市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

鈴鹿市の賃貸物件検索

鈴鹿市はどんな街?

鈴鹿市

全国のご当地へ

鈴鹿市のタウン情報

三重県の北東部、四日市市と津市に挟まれた場所に位置しています。

西部には鈴鹿山脈がそびえ、美しい渓谷が連なっており、ゴルフ場・キャンプ場などが造られていて緑を満喫できるレジャー施設が充実しています。

一方、東部の伊勢湾岸エリアは漁港や海水浴場などが整備され、ウォーターフロントを構築しています。

交通面ではJR関西本線と近鉄名古屋線が縦断している他、近鉄鈴鹿線・伊勢鉄道、東名阪自動車道・国道1号線・23号線が走り、特に南北のアクセスに優れています。

産業面では、自動車メーカーの工場があることから、自動車部品をはじめとした製造業が多く、その一方で伝統産業である伊勢形紙や墨の生産も盛んです。

また、お茶や花、稲の栽培も活発に行なわれ、県下有数の出荷量を誇ります。

内陸部には世界的に有名な鈴鹿サーキットがあり、多くの観戦客、観光客を集めています。

鈴鹿市

市の位置

鈴鹿市の位置
都市イメージ

歴史

万葉の時代から伊勢の国の政治・文化の中心地であり、交通の要衝として発展してきました。

江戸時代には、中央部の庄野・石薬師が東海道の宿場町となり、大勢の往来がありました。

また、東部の神戸城は城下町として活気を帯び、海岸の白子は海運業が栄え、各地で独特の賑わいを見せるようになりました。

近代には軍需工場の建設ラッシュが起き、工業都市へと移り変わります。

戦後は軍の施設跡を利用して自動車工場や電機工場が建てられ、製造品の出荷額が県下でもトップクラスになる程の基幹産業へと発展しました。

1942年(昭和17年)近隣の2町12村が合併して鈴鹿市が誕生しました。

1954年(昭和29年)には河芸郡栄村、天名村、合川村の3村を編入し、その後も数々の町村と編入合併を行なって、現在の市域となりました。

近年では国際交流や市民の文化向上に積極的に取り組むなど、新しい街づくりが進められています。

市の有名人(出身者)

佐佐木信綱(歌人)、斎藤緑雨(文芸評論家)、大黒屋光太夫(初めてロシアを見てきた日本人) 等

日本一

  • さつき
  • つつじ
  • 伊勢型紙
  • 鈴鹿サーキット

観光名所・人気スポット

鈴鹿サーキット
  • 鈴鹿市観光協会

    鈴鹿市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

さつき、つつじ、お茶(かぶせ茶)、伊勢型紙、鈴鹿墨、こうなご、穴子、黒海苔、たまご/鈴鹿川、作(ざく)(清酒)

上場企業

鈴鹿市の不動産情報

鈴鹿市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

鈴鹿市役所の周辺地図

読み込み中・・・

三重県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ