賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

彦根市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

彦根市の賃貸物件検索

彦根市はどんな街?

彦根市

全国のご当地へ

彦根市のタウン情報

彦根市は滋賀県の北東部に位置する人口約11万人の都市です。

古くは彦根藩の城下町として栄え、そのあとも琵琶湖の中核都市として発展を続けてきました。

市の西部は琵琶湖を臨み、東部には緑鮮やかな鈴鹿山脈が連なっています。

中央の平野部には、鈴鹿山脈から流れる芹川、犬上川、宇曽川が流れ、琵琶湖に注いでいます。

市の特産品も豊かな自然に根付いた者が多く、琵琶湖で取れた魚の佃煮や鮒寿司、近江牛、彦根梨などが特に有名です。

また、バルブやファンデーション、仏壇の製造が地場産業として盛んで、特に「彦根仏壇」は経済産業大臣認定の伝統工芸品として広く名が知られています。

市内には、JR東海道本線(琵琶湖線)と近江鉄道本線、及び多賀線が通っています。

主要道路としては国道8号、306号が走っており、名神高速道路の彦根インターチェンジも設置されています。

市内の移動にはバスが便利で、レトロなボンネットが特徴の「彦根ご城下巡回バス」が市内の観光名所を回っています。

彦根市

市の位置

彦根市の位置
都市イメージ

歴史

彦根市の名前は、活津彦根命(いきつひこねのみこと)を現在の彦根山に祭ったことに由来しています。

戦国時代、この地一帯は絶えず戦火に見舞われますが、豊臣秀吉に仕えた石田三成が佐和山城主となってからは次第に発展しました。

関ヶ原の戦いのあとは、戦国大名の井伊直政が彦根を領地とし、その子直孝が彦根城を築きました。

江戸時代以降も城下町として産業・政治・文化の中心地として300年に渡って繁栄を続けました。

1937年(昭和12年)に隣接する松原、北青柳、青波、千本、福満の5村を合併し彦根市が誕生しました。

琵琶湖の中心都市として大きな役割を担う彦根市では、総合計画のもとで住民が住み良いまちづくりを目指すと同時に、歴史的雰囲気を残した景観の形成や、文化財の保存活動にも力を入れています。

市の有名人(出身者)

井伊直弼(幕府大老)、森川許六・木俣修(文芸)、日下部鳴鶴(書家)、田原総一朗(評論家)、加川良(歌手)、井伊直政(初代藩主)、桐生祥秀(陸上) 等

日本一

  • 国宝彦根城(世界文化遺産暫定リスト登載)
  • 彦根仏壇
  • バルブ
  • 世界最長連続コンサート(ギネス記録)
  • 市のキャラクター「ひこにゃん」
  • 国宝紙本金地著色風俗図(彦根屏風)

観光名所・人気スポット

彦根城(金亀城)
  • 彦根市観光協会

    彦根市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

仏壇、バルブ、ファンデーション、彦根梨、鮒ずし、あゆ、紅かぶら、近江牛

上場企業

フジテック(株)

彦根市の不動産情報

彦根市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

彦根市役所の周辺地図

読み込み中・・・

滋賀県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ