賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

長浜市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

長浜市の賃貸物件検索

長浜市はどんな街?

長浜市

全国のご当地へ

長浜市のタウン情報

長浜市は滋賀県の東北部に位置し、東に伊吹山系の山麓、西に琵琶湖を臨みます。

市域には姉川や草野川、高時川により形成された平野が広がり、長浜城や小谷城跡、姉川古戦場などの歴史的な文化遺産も数多く残されています。

面積は680.79平方キロメートルで滋賀県下最大(琵琶湖を含めた面積は高島市に次いで2位)。

人口は大津市と草津市に次ぐ県下第3位です。

長浜市では江戸時代から始まる浜ちりめんやビロードの製作が地場産業として有名です。

また20世紀後半から飛躍的に発展したバイオテクノロジー分野でも重要な役割を担います。

2003年(平成15年)に日本初となるバイオ系単科大学「長浜バイオ大学」が開校し、翌年には県から「長浜バイオ・ライフサイエンス特区」の認定を受けました。

また、産学官連携を基本とした共同研究や地域企業のバイオテクノロジー分野の環境づくりとして「長浜サイエンスパーク」が整備されています。

また、京都、名古屋から約80キロメートル圏内、福井から約100キロメートル圏内にある長浜市は、京阪神・中京・北陸経済圏域の結節点となっており、JR北陸本線や北陸自動車道、国道8号、365号を主な広域交通軸として、これらの経済圏域へのアクセスも高い利便性を有しています。

長浜市

市の位置

長浜市の位置
都市イメージ

歴史

長浜市では縄文時代から弥生時代にかけて集落が形成され、川崎遺跡や宮司遺跡、鴨田遺跡などが市内で発掘されています。

古墳時代には豪族が長浜茶臼山古墳や姫塚古墳などを築き、戦国時代には多くの武将がそれらの古墳を利用して砦や出城を構えました。

湖北の砦や出城は、全国的に有名な姉川の合戦や小谷城攻防戦の舞台となります。

江戸時代になると、長浜では米作に次ぐ重要な産業として養蚕が始まり、生糸や絹が全国に出荷されます。

そのあと、浜ちりめんやビロードの生産も始まり、商工業の発展が進みました。

明治時代になると、長浜は豊かな経済力を活かして近代化の道を歩みます。

1871年(明治4年)に県下初の小学校が開校し、1877年(明治10年)に県下初の銀行が開業。

1882年(明治15年)には長浜・関ヶ原間で鉄道が開通し、鉄道の町として活気に溢れました。

1943年(昭和18年)に長浜市制が施行。

2006年(平成18年)に浅井町、びわ町との合併により新しい長浜市が発足し、市旗、市章なども刷新されました。

さらに2010年(平成22年)に湖北町など6町を編入しております。

市の有名人(出身者)

石田三成・浅井長政(戦国武将)、浅井三姉妹(茶々・初・江)、雨森芳洲(儒学者)、小堀遠州(造園家・茶人)、国友一貫斎(科学者)、山岡孫吉(ヤンマー創設者) 等

日本一

  • 浜ちりめん
  • ビロード
  • 日本三大山車まつり・長浜曳山まつり
  • 現存する日本最古の駅舎・旧長浜駅舎鉄道資料館
  • 琴糸
  • 三味線糸
  • 十一面観音立像
  • 長浜バイオ大学

特産品・酒

浜ちりめん、ビロード、鮒ずし、ぶどう、琴糸、三味線糸、ビワマス、黒壁ガラス、伊吹もぐさ、わかさぎ/湖濱、七本槍、湖の誉、北国街道、長濱浪漫ビール

長浜市の不動産情報

長浜市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

長浜市役所の周辺地図

読み込み中・・・

滋賀県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ