賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

京都市左京区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

左京区の賃貸物件検索

京都市左京区はどんな街?

京都市左京区

全国のご当地へ

京都市左京区のタウン情報

京都市の北東部の山間部から中心部に近い市街地までを占め、区域は南北に縦長となっています。

北陸からの玄関口にあたり、古来から交通の要衝となっています。

区の中部から北部にかけて、京都府で最も標高が高い皆子山をはじめとする山々が連なっており、山林地帯は区の80%を占める程広く、多種多様な動植物が生息しています。

区の南西部の市街地は、住宅地が広がり、その中に世界文化遺産に登録されている銀閣寺や下鴨神社、平安神宮など人気の史跡が多く点在しています。

また、京都大学をはじめ6大学が立地し、留学生を含めた若者も大勢住んでいます。

東部には広大な敷地を誇る三千院があり、四季折々の美しい景観を愛でる参拝客で賑わっています。

その他にも、貴船神社、鞍馬寺など、各地に数多くの由緒ある文化財が残されています。

左京区

区の位置

左京区の位置
都市イメージ

歴史

古代から下鴨神社を中心として集落が作られ、飛鳥時代の頃には祭礼が盛んに行なわれたとされています。

594年、聖徳太子によって寂光院が建てられ、その後都から文化や宗教が流入し、平安時代から室町時代にかけて、多数の寺院が建立されました。

戦国時代には戦乱の地となり、市街地は一時焼け野原となりますが、徐々に復興を遂げ、江戸時代は大きな混乱もなく、平和な時を刻みます。

幕末には市街地周辺が再び戦場となり、首都が江戸(東京)に移ったことで衰退を余儀なくされます。

1895年、平安遷都1,100年を記念して平安神宮が建立され、活気を取り戻します。

1871年、それまで仮の御殿だった大原地区の政所を正式に三千院と名付けました。

1918年、愛宕郡白川村・田中村・下鴨村三村が上京区に編入され、1929年に分区する形で左京区が生まれました。

その後、1931年に愛宕郡の一部、1949年に愛宕郡の残りの村々、1957年に現・京北町広河原地区を編入し、現在の区域となりました。

平成に入ると鉄道が新たに開業したり延伸して交通アクセスが整備され、人口も増加しています。

観光名所・人気スポット

南禅寺
  • 京都市観光協会

    京都市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

左京区の不動産情報

左京区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

左京区役所の周辺地図

読み込み中・・・

京都府のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ