賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

相楽郡精華町のタウン情報/ご当地あれこれ検索

相楽郡精華町の賃貸物件検索

相楽郡精華町はどんな街?

相楽郡精華町

全国のご当地へ

相楽郡精華町のタウン情報

精華町は京都府の南西端に位置しています。

西部と南部はなだらかな丘陵、東部には平坦な農地が広がり、東端には木津川が流れています。

創造的な学術・研究の振興を行なう関西文化学術研究都市の中心として、国立国会図書館関西館をはじめとする文化施設や、企業の研究施設が多く集まっています。

都市計画が進められるなかで丘陵が宅地開発され、平城・相楽ニュータウンなど市街地も拡張されています。

研究都市及び宅地開発の進展に比例して人口も増加し、2004年(平成16年)度の人口増加数は1,290人であり人口伸率は4.0%に達しました。

現在でも大阪市や京都市、奈良市などのベッドタウンとして発展を続けています。

特産品はイチゴで、シーズンの2月から5月にかけて多くの観光客がイチゴ狩りを楽しんでいます。

鉄道はJR学研都市線と近鉄京都線が走り、通勤・通学などに多く利用されています。

道路は京奈和自動車道と国道163号が通ります。

奈良交通による路線バスが市内各地を結ぶ他、コミュニティバスである「精華くるりんバス」もニュータウンや精華・西木津地区を中心に運行しています。

相楽郡精華町

町の位置

相楽郡精華町の位置
都市イメージ

歴史

精華町の西部の丘陵地からは、湧出宮跡や椿井大塚山古墳など縄文・弥生時代の遺物が多く出土しています。

市の中央を流れる木津川は、3〜4世紀には既に交通路として利用されており、相楽地域の文化発展を促しました。

740年(天平12年)、恭仁京に遷都され、交通・商業の要衝となりました。

その後、都が平安京に遷されてからも、平城京との間を結ぶ街道の拠点となり、様々な文化の融合する地域となりました。

鎌倉時代後半からは集約的な栽培農業により農業生産力が高まり、農民層の中で自治的な村が形成されました。

1872年(明治元年)に京都府が発足し、相楽郡はその行政区に組み込まれました。

1889年(明治22年)に現在の精華町に旧来からあった村が再編成され、相楽郡狛田村、祝園村、稲田村、山田荘村が置かれました。

その後も合併を繰り返し、1955年(昭和30年)に精華町が誕生しました。

観光名所・人気スポット

来迎寺
  • 京都府観光連盟

    京都府観光連盟の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

上場企業

相楽郡精華町の不動産情報

相楽郡精華町のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

相楽郡精華町役場の周辺地図

読み込み中・・・

京都府のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ