大阪市西区のご当地あれこれ - 賃貸アパート、賃貸マンションならホームメイト

賃貸のホームメイト[賃貸マンション、賃貸アパート]

大阪市西区のご当地あれこれ

西区の特徴

西区はどんな街?

大阪市の中西部に位置し、1879年に大阪府が区制を施行してから現在にまで続いている区です。 区の中央を流れる木津川を境に、東部は阿波座や本町を中心に商業施設やオフィスビルが建ち並んでいます。 また西部は鉄工や物流関係の会社が多数あり、住宅街として発展しています。 都心への交通アクセスも良く居住環境も良好なため、近年では東部地区の高層マンションなど再開発が進み、住宅数が飛躍的に伸びており、人口も増加の傾向にあります。

西区の位置

西区の位置

西区の観光スポット

靱公園、京セラドーム大阪、大阪科学技術館、あみだ池、サムハラ神社、旧川口居留地

西区の歴史

木津川の東部地区は西船場とも呼ばれ、江戸時代から多くの堀川が整備されたため、魚市場、蔵屋敷、問屋街として繁栄しました。
このため商人が多く住んでおり、遊興場なども置かれるなど活気と賑わいのある町でした。

一方木津川の西部地区は、元々は淀川の中洲でしたが農地として埋め立てられ、大型船が大坂に入港する際の船着場でした。

1868年に明治政府が誕生するとその翌年に大阪市街地は東西南北の4大組に分けられ、現区域は西大組に属していました。
1879年に群区町村編成法によって、大阪府西区が誕生し、1889年に大阪市制が施行されると大阪市西区となりました。

木津川北西部に外国人居留地が設置されると文明開化が進み、大阪府庁や大阪市役所が置かれるなど行政の中心地としても躍進しました。
1925年に大阪市が13区制を施行すると、西区は分割され、新たに港区が誕生しました。

西区の不動産情報

西区の賃貸アパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

周辺エリアの賃貸物件検索

隣接する市区町村のご当地情報