賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

大阪市住之江区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

住之江区の賃貸物件検索

大阪市住之江区はどんな街?

大阪市住之江区

全国のご当地へ

大阪市住之江区のタウン情報

大阪市の南西部にあり、24区の中で最大の面積を持つ区です。

上町台地の西側に広がり、西部は大阪湾に面しています。

湾岸部は大阪南港を有し、倉庫や港湾施設、フェリーターミナルが整備されており、日本有数の貿易港として発展しています。

また野鳥園や魚釣り園などもあり、レジャーや生活に向けた町づくりが進められています。

東部は紀州街道沿いに古くから集落が集まり、鉄道の開通にあわせて町が形成され、住宅地や商店街として発展してきました。

住之江区

区の位置

住之江区の位置
都市イメージ

歴史

古代では住之江区の大半は海で、江戸時代に洪水の被害が多かった旧大和川のつけかえ工事が行なわれたことで洪水が治まり、上流から流されてくる土砂が次第に陸地を築いていきました。

土砂で浅瀬になった部分をさらに埋め立てて田畑を作る新田開発が活発に行なわれ、明治時代になっても埋め立ては進みました。

1889年に町村制が施行されると、現在の区域に墨江村や敷津村など4つの町村が成立し、1925年に大阪市住吉区に編入されました。

1934年の室戸台風、1945年の太平洋戦争と区域一帯は2回の大きな被害を受け、復興が望まれました。

戦後は市営住宅の建設が始まり、田畑は住宅地に変わり、次第に町が形成され病院や学校などの生活施設も増加していきました。

そして、1974年に住吉区から分離独立して住之江区が誕生しました。

上場企業

美津濃(株)

住之江区の不動産情報

住之江区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

住之江区役所の周辺地図

読み込み中・・・

大阪府のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ