賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

泉大津市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

泉大津市の賃貸物件検索

泉大津市はどんな街?

泉大津市

全国のご当地へ

泉大津市のタウン情報

泉大津市は大阪府の南部に位置し、市の北部・東部はそれぞれ高石市・和泉市と、南部は大津川を境に和泉北郡忠岡町と接しています。

西北部は大阪湾に面し、はるかに六甲山や淡路島を望むことができます。

古くから人の往来の多い土地で、紀州街道の海側に平行して走る浜街道は、今も各時代の町屋建築が多数残っており、情緒豊かな一画となっています。

ここでは、工場を象徴する「のこぎり屋根」や「虫籠窓(むしこまど)」といった貴重な建築様式も随所に見ることができ、泉大津市の大切な文化遺産となっています。

近年は歴史的景観を残しつつも、駅周辺の再開発や臨海部の埋め立て地をコンサート会場に改修した泉大津フェニックスを展開するなど、継続したにぎわいづくりを行なっています。

鉄道は大阪都心部と和歌山県を結ぶ南海本線が走っています。

南海バスや中日臨海バスなどの路線バスも運行されており、泉大津港(堺泉北港)からは、阪神地区と北九州市を往来する阪九フェリーも運航されています。

泉大津市

市の位置

泉大津市の位置
都市イメージ

歴史

泉大津市は、奈良時代には府中に置かれた役所の港町として機能していました。

小津の泊、小津の松原、小津の浦などと呼ばれ、交通の要として天皇や国司、歌人らの往来も多かったそうです。

紀貫之は土佐日記の中で「行けどなほ 行きやられぬは 妹がうむ 小津の浦なる 岸の松原」と記しています。

江戸時代からは全国有数の綿作地として綿織物産業が栄えました。

1785年(天明5年)に宇田大津村に綿花売買の注文所ができてからは、綿の加工や商いも行なっています。

綿織物産業は発展を続け、1885年(明治18年)には日本初の毛布が泉大津市で作られました。

大正時代には毛布生産において不動の地位を築き、2011年(平成23年)現在も、全国で98%のシェアを誇っています。

また、戦後はニット産業も急速に拡大し、泉州地区のニット生産高の約6割を占めるまでになりました。

江戸時代から続いた綿織物産業が現在でも栄えている背景には、プリント技術や高度な機能を持った編み機などの最先端技術の導入と、泉大津市に住む職人たちの力によると言われています。

市の有名人(出身者)

オール阪神(漫才師)・五十嵐サキ(よしもと新喜劇) 等

日本一

  • 毛布の生産量

観光名所・人気スポット

泉大津港
  • 大阪府観光連盟

    大阪府観光連盟の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

毛布、ニット、自動車タイヤ

上場企業

泉大津市の不動産情報

泉大津市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

泉大津市役所の周辺地図

読み込み中・・・

大阪府のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ