賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

河内長野市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

河内長野市の賃貸物件検索

河内長野市はどんな街?

河内長野市

全国のご当地へ

河内長野市のタウン情報

河内長野市は大阪府の南東端に位置し、東は金剛山地、南は和泉山脈が広がります。

市の面積は、大阪府で3番目に広く、7割が森林です。

石川や石見川など河川沿いに平野が開け、北に向かって河内平野に続いています。

市域の大部分は砂岩地帯で、豊かな土壌と内陸性の湿潤温暖な気候も相まって、稲や野菜、果樹の栽培に適した環境となっています。

豊かな自然に恵まれた河内長野では、その資源を活かした林業が盛んに行なわれています。

特に爪楊枝の製造は、明治時代から市の地場産業として発展し、現在も国内生産量の大半を占めます。

しかし近年は、就業者数の減少、高齢化などの問題が懸念されています。

そこで河内長野市の森林組合では、若い世代の担い手を育成する一方、機械化などで作業の合理化を進めています。

鉄道では市内に南海高野線と近鉄長野線が走ります。

南海高野線は南海難波駅に直通し、大阪市内へ通勤する人が多く利用しています。

路線バスは南海バスが運行し、市内の主要駅を結びます。

また、河内長野駅から関西空港へ向かうリムジンバス「Sorae(ソラエ)」も発着しています。

道路は国道310・371・170号線(外環状線)が通り、河内長野市の幹線道路となっています。

河内長野市

市の位置

河内長野市の位置
都市イメージ

歴史

河内長野市では宮山遺跡、太師山遺跡など縄文時代、弥生時代の遺跡が発掘されています。

遣隋使の高向玄理の出身地であり、古くから渡来人が多く暮らしていました。

かつては高野山の宿場町として栄え、弘法大師の伝説も多く残ります。

また、南北朝時代に活躍した武将・楠木正成ゆかりの地としても知られています。

江戸時代には狭山藩、近江膳所藩、伊勢神戸藩の所領となりました。

山に囲まれた静かな環境から、太平洋戦争中に集団疎開先として選ばれたこともありました。

1954年(昭和29年)に長野町、三日市村、高向村、天見村、加賀田村、川上村が合併し、河内長野市が誕生しました。

市名は、長野県長野市との混同を避けるため、旧国名の河内を冠しました。

現在は、歴史的・文化的資源をはじめ、大都市や関西国際空港にも近いという地理的資源を活かし、時代の流れに柔軟に対応できる新しい産業が育つ、活力あるまちづくりが進められています。

市の有名人(出身者)

谷村新司・川村結花(シンガーソングライター)、藤井拓郎(水泳) 等

日本一

  • つま楊枝

特産品・酒

可鍛鋳鉄、ベアリング、釘・鋲、壁材、すだれ、つま楊枝、花卉/天野酒

河内長野市の不動産情報

河内長野市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

河内長野市役所の周辺地図

読み込み中・・・

大阪府のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ