賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

松原市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

松原市の賃貸物件検索

松原市はどんな街?

松原市

全国のご当地へ

松原市のタウン情報

松原市は、大阪府中南部に位置し、南河内地域に属しています。

大阪市、堺市に隣接しており、大阪中心部へのアクセスが良く、大阪の玄関口である新大阪駅、関西空港、大阪空港までのアクセスも1時間以内であり、ベッドタウンとして発展してきました。

市内には西名阪自動車道や阪神高速道路松原線、国道309号線、中央環状線、近畿自動車道、阪和自動車道などが通っており、南大阪における交通の要衝地としての役割も果たしています。

松原市には竹之内街道や長尾街道といった古代の官道が残っており、街道沿いには、由緒ある社寺が建立され、歴史にまつわる文化財も多く保存されています。

第18代天皇である反正天皇の都跡として伝わる柴籬神社(しばがきじんじゃ)、菅原道真を祭神として建立された屯倉神社(みやけじんじゃ)、市の指定文化財となった十一面観音立像を保管している大林寺などが有名です。

地場産業である、金網、印材、真珠核などは先代からの技術を受け継ぐ職人たちの活躍によって、今もなお高いシェアを誇っています。

松原市

市の位置

松原市の位置
都市イメージ

歴史

温和な気候と住みやすい地理的環境により、古くから人々が集まり定住したと考えられています。

弥生時代の遺跡とされる上田町遺跡、河合遺跡からは農耕生活を営んだ痕跡を見ることができます。

古墳時代には、灌漑(かんがい)用水路が作られ、大規模な水田開発が行なわれました。

中期になると竹内街道が整備され、難波-飛鳥間の交通の要所として栄えました。

奈良・平安時代には、長尾街道(西除川付近)に、当時の交通施設である駅屋(うまや)が置かれ、中高野街道も整備されます。

戦国時代には、各地に砦や城が築かれますが、江戸時代になると、大名の高木主水正正次が一万石を領して、丹南村に陣屋を置いて統治しました。

1889年(明治22年)には松原村が誕生し、1942年(昭和17年)には松原町となりました。

1955年(昭和30年)2月1日、町村合併促進法により、二つの町と三つの村が合併して、松原市が誕生します。

その後、美原町の丹南、堺市の河合を合併し、現在に至ります。

市の有名人(出身者)

北山橘庵(江戸中期の医学者)、松村英臣(ピアニスト)、山村隆太(flumpool)(歌手) 等

日本一

  • 印材の生産

観光名所・人気スポット

屯倉神社
  • 大阪府観光連盟

    大阪府観光連盟の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

金網、真珠核、印材、「まったら愛っ娘(まなっこ)」松原育ち(トマト、枝豆等)、河内合鴨

松原市の不動産情報

松原市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

松原市役所の周辺地図

読み込み中・・・

大阪府のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ