賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

藤井寺市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

藤井寺市の賃貸物件検索

藤井寺市はどんな街?

藤井寺市

全国のご当地へ

藤井寺市のタウン情報

藤井寺市は大阪府の東部、南河内地域に位置し、大阪市へのアクセスも良いことから近郊都市として発展しました。

小規模ですが、多くの歴史遺産が残るまちです。

市名の由来となっている葛井寺(ふじいでら)は、西国三十三所霊場の札所として日々巡礼者が絶えず、本堂に安置されている観音像2躯は国宝に指定されています。

また、早春には道明寺天満宮に植えられた約800本の梅が見頃を迎え、毎年2月に開催される梅まつりには多くの参拝客でにぎわいます。

他にも、古墳群や由緒のある社寺が多くあり、街を歩く歴史ファンの姿が各所で見られます。

市内には、大阪市内と奈良とを結ぶ近鉄南大阪線が走り、南北に国道170号線(外環状線)、東西に西名阪自動車道が通っています。

近鉄バスも運行しており、買い物や通勤、通学などの利便性が高くなっています。

特に藤井寺駅や土師ノ里駅、道明寺駅の付近は市街地として発達しており、大型ショッピングモールもあります。

藤井寺市

市の位置

藤井寺市の位置
都市イメージ

歴史

古代より大阪と奈良とを結ぶ交通の要衝として栄え、河内国の役所である河内国府がこの地に置かれるなど、河内の中心地として重要な役割を担うようになりました。

また鎌倉時代には興福寺領の荘園「岡荘」が形成され、戦国時代になると畠山氏の支配下となり、津堂城山古墳の上には小山城が築かれました。

中世以降、この地は観音信仰が盛んになるにつれて葛井寺の門前町としての発展を遂げ、江戸時代には堺の経済商業圏として市内を通る長尾街道は大いに栄えました。

明治以降は村落合併が進み、1959年(昭和34年)に藤井寺道明寺町が誕生、翌年町名を美陵町と改称し、1966年(昭和41年)に藤井寺市となりました。

近年は、藤井寺が出身とされる奈良時代の遣唐留学生「井真成」にちなんだ「まなり君」が藤井寺市の公式キャラクターとなり、古代ロマンにあふれた街として積極的なPR活動が行なわれています。

市の有名人(出身者)

花ノ国(元大相撲力士)、吉原宏太(サッカー選手)、金森敬之(プロ野球選手) 等

日本一

  • 古市古墳群
  • 修羅
  • 遣唐留学生「井真成」
  • 道明寺糒

観光名所・人気スポット

道明寺天満宮
  • 藤井寺市観光協会

    藤井寺市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

いちじく/松花鶴、井真成

藤井寺市の不動産情報

藤井寺市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

藤井寺市役所の周辺地図

読み込み中・・・

大阪府のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ