賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

相生市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

相生市の賃貸物件検索

相生市はどんな街?

相生市

全国のご当地へ

相生市のタウン情報

相生市は兵庫県の南西部に位置し、南は瀬戸内海国立公園の一部にもなっている自然豊かな都市です。

人口は約3万1千人(2012年2月時点)で、北は赤穂郡、東はたつの市、西は赤穂市と接しています。

古くから造船業を中心とした工業都市として発展してきましたが、現在は新たなまちづくり事業として相生市を西播磨テクノポリスの副母都市とするべく産業、経済の基盤づくりを進めています。

年間を通して瀬戸内特有の穏やかな気候風土に恵まれており、瀬戸内海国立公園、西播丘陵県立自然公園などの他「万葉の岬」や「羅漢の里」など自然景観を活かした観光施設の整備が行なわれています。

公共交通機関としては、JR山陽本線、赤穂線が市内を通り、神姫バスによって相生駅を中心に路線バスが運行されています。

また、高速道路としては山陽自動車、播磨自動車道があり、この他国道2号、250号が通っています。

相生市では毎年、龍を模した船を漕ぎスピードを競い合うペーロン祭が開催されており、播州路に初夏を告げるイベントとして全国にも名が知られています。

相生市

市の位置

相生市の位置
都市イメージ

歴史

古墳時代には若狭野古墳や大豪族の墓と考えられている那波野古墳が築かれるなど、古代から人々の生活が営まれていたことが分かります。

また、平安時代を代表する女流歌人の和泉式部が、相生市若狭野の地で生き別れた娘の小式部内侍と再会を果たしたという伝説が残されています。

中世、戦国時代には、この地を治めた赤松氏の城が現在の相生市矢野町の感状山に築かれました。

石垣や建物跡、井戸跡などの保存状態も良く、播磨地方の代表的な中世山城の遺構として国の史跡に指定されています。

江戸時代になると、波の静かな相生湾で牡蠣の養殖が始められ、現在でも相生市の特産物として10月から3月頃まで阪神地方などに出荷されます。

明治以降は、造船業のまちとして発展を遂げましたが、今日では学術文化、観光都市としてのまちづくりを進めており、伝統行事のペーロンをテーマとした道の駅「あいおい白龍城」は温泉施設を兼ね備えた観光地としてにぎわいを見せています。

市の有名人(出身者)

大山郁夫(社会運動家)、浦山桐郎(映画監督)、竹本健治(推理作家)、高島俊男(中国文学者) 等

観光名所・人気スポット

国指定史跡感状山城跡
  • 相生市観光協会

    相生市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

生かき、竹工芸品、矢野メロン、羅漢炭、小河ゆず、若さの味噌、いちじく

相生市の不動産情報

相生市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

相生市役所の周辺地図

読み込み中・・・

兵庫県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ