賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

松江市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

松江市の賃貸物件検索

松江市はどんな街?

松江市

全国のご当地へ

松江市のタウン情報

島根県の東部にあり、山陰地方のほぼ中央に位置します。

市の西部は宍道湖の半分を取り囲み、東部は中海に面した水郷都市で、1889年に市制施行。

松江城や宍道湖、小泉八雲記念館など観光資源が豊富で、城下町ゆかりの歴史的史跡だけでなく、加賀の潜戸や美保の北浦など自然の景勝地も数多く、1951年に奈良・京都とともに国際文化観光都市に指定されました。

観光以外にも漁業や商業も盛んで、山陰の中核都市としてさらなる発展が期待されています。

松江市

市の花

ツバキ・ボタン

市の木

マツ・サクラ

国際友好・姉妹都市

アメリカ・ニューオーリンズ市、中国・吉林市、中国・杭州市、中国・銀川市、アイルランド・ダブリン市、中国・江陰市澄江鎮

市の位置

松江市の位置
都市イメージ

歴史

古代出雲国の中心地として国庁や国分寺が設置され、古道などが整備されました。

戦国時代には毛利氏によって支配されましたが、江戸時代に入ると堀尾吉晴の息子である忠氏が松江藩の初代藩主となり富田城に入ります。

その後、忠氏が若くして亡くなってしまったため、忠氏の息子の忠晴が藩主となりますが、まだ幼かったこともあり、実質的には吉晴が松江城(亀田山)の築城や、城下町建設を進めました。

「松江」という名は、湖に面した景観が中国の松江(しょうこう)に似ていることから、この地を「松江」と名付けたと伝えられています。

堀尾氏のあと、京極氏、松平氏と城主が変わりましたが、城下町は繁栄をし続け、現在の松江市の基盤となりました。

また、城主の中でも、松平氏は教育を奨励し、江戸中期には「文明館」、幕末には「修道館」を設立し、修道館では漢学や医学などにおいて先進的地位を築いたとされています。

その後、明治新政府による廃藩置県で松江藩領が「松江県」となり、広瀬藩領の「広瀬県」と、母里藩領の「母里県」の3県が合併して島根県となり、松江市が県庁所在地となりました。

昭和に入ると、近隣町村の合併・編入によって徐々に市域を拡大し、高度経済成長期には新産業都市に指定され、山陰地区の中核都市として現在も発展を続けています。

2005年には、中海と宍道湖がラムサール条約に登録されました。

市の有名人(出身者)

梅謙次郎(法学者)、若槻礼次郎(元首相)、平塚運一(版画家)、中村元(哲学者)、佐野史郎・白木みのる・芦田伸介(俳優)、福島敦子(キャスター)、園山俊二(漫画家)、錦織圭(テニス)、法月綸太郎(作家)、山本恭司(ミュージシャン)、安部榮四郎(和紙職人・人間国宝) 等

日本一

  • やまとしじみ
  • 神魂神社(最古の大社造)
  • 志多備神社境内スダジイ
  • 牡丹

特産品・酒

八雲塗、めのう細工、袖師焼、姉様人形、出雲和紙、和菓子、板わかめ、宍道湖七珍、あご野焼、めざし、西条柿、玄丹そば、津田かぶ/李白、豊の秋、国暉、王祿

上場企業

(株)島根銀行

松江市の不動産情報

松江市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

松江市役所の周辺地図

読み込み中・・・

島根県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ