賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

津山市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

津山市の賃貸物件検索

津山市はどんな街?

津山市

全国のご当地へ

津山市のタウン情報

岡山県北東部に位置し、北は中国山地、南は中部吉備高原に接しています。

人口は約10万7千人で、江戸時代の津山藩城下町から発達した都市です。

市内には、旧津山藩別邸庭園(衆楽園)をはじめ、城下町の町並みが残る城東町並保存地区、田町武家屋敷跡などがあり豊かな歴史遺産とともに人々の生活が息づいています。

また、古くから出雲街道の宿場町として商家が軒を連ねた場所柄から現在も商業が盛んで、旧出雲街道沿いの市街地には多くの商店街が形成されています。

毎年春に梅の里公園で開催される梅まつりでは、14品種2000本以上の梅の木が植えられた園内で様々なイベントが行なわれ、多くの観光客や市民らで賑わいます。

市内にはJR姫新線、因美線、津山線が通り、中鉄北部バスが路線バスを運行しています。

主要道路は中国自動車道の津山IC、院庄ICが立地しており、国道は53、179、181号などが走っています。

っています。

市の位置

津山市の位置
都市イメージ

歴史

古くは吉備国の一部であり、美和山古墳群をはじめ各地に大型古墳が築造されました。

奈良時代には、備前国より分割された美作国の政治文化の中心地として、この地に国府が置かれました。

中世には、後醍醐天皇が隠岐遷幸の途中で院庄地区に滞在したと伝えられ、院庄館跡には現在、後醍醐天皇とその家臣児島高徳を祭神とする作楽神社が建てられています。

1603年(慶長8年)の江戸幕府開幕とともに津山藩初代藩主の森忠政がこの地を治め、翌年から津山城の造営を開始。

1616年(元和2年)に津山城が完成し、城下町が整備されました。

1698年(元禄11年)に森氏に代わり、松平氏が津山藩主となり明治まで至ります。

1889年(明治22年)に津山町制を施行、1929年(昭和4年)に津山市制へと移行しました。

そのあとも近隣の町村を編入しながら2005年(平成17年)に現在の市域になりました。

現在は「歴史と文化を未来へつなぐ緑あふれる環境都市」を目指したまちづくりが進められています。

市の有名人(出身者)

箕作阮甫(洋学者)、西東三鬼(俳人)、押阪忍(キャスター)、重松清(作家)、稲葉浩志(歌手)、オダギリジョー(俳優)、桜乃彩音(元宝塚歌劇団) 等

日本一

  • 津山洋学資料館
  • 津山自然のふしぎ館

観光名所・人気スポット

長法寺(あじさい寺)
  • 津山市観光協会

    津山市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

山の芋、自然薯、西条柿、ホルモンうどん、津山ロール、黒大豆、ジャンボピーマン、五輪原大根、巻柿、味噌、氷温熟成米、梅、作州絣、横野和紙、ねり天神、津山ぎょうざ、そずり鍋、干し肉/富久迎・加茂五葉

津山市の不動産情報

津山市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

津山市役所の周辺地図

読み込み中・・・

岡山県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ