賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

広島市安佐北区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

安佐北区の賃貸物件検索

広島市安佐北区はどんな街?

広島市安佐北区

全国のご当地へ

広島市安佐北区のタウン情報

安佐北区は、市の最北部に位置し、旧安佐郡安佐町、旧安佐郡可部町、旧安佐郡高陽町、旧高田郡白木町が、広島市の政令指定都市移行と同時に合併され、広島市の8区の中で最も広い面積を有しています。

山地が多く、区内最高峰で標高889.3mの白木山や鬼ヶ城山、備前坊山、堂床山、可部冠山のように標高600m以上の山々が連なっています。

水も豊かで太田川上流の南原ダムは、広島市の水ガメとなっています。

広島自動車道の広島北インターチェンジ周辺は、幹線道路が整備されたことで大規模な工業団地の開発も行なわれています。

また安佐北区役所の最寄り駅であり、JR可部線の終着駅でもある可部駅周辺は、郊外型の都市として開発が進んでいます。

一方、山間の平地や丘陵地では、野菜、花卉、畜産物など近郊型農業が盛んです。

安佐北区

区の位置

安佐北区の位置
都市イメージ

歴史

戦国時代初期に熊谷信直が高松城を築きましたが、1591年(天正19年)毛利氏の広島城移転に伴って広島に移り、城は廃城となりました。

明治維新以降になると周辺の町村は、合併を繰り返しながら広島市に編入されました。

白木町の一部は、そのまま地名として残っています。

かつては、静かで平和な農山村の暮らしが続いていたこの地区は、廃藩置県と共に行政区分が統廃合され、1889年(明治22年)市町村の再編によって、高宮郡に飯室村と鈴張村、沼田郡に小河内村・久地村・日浦村として統廃合されました。

その後、昭和の大合併によって1971年(昭和46年)には安佐町、昭和47年(1972年)には可部町が広島市に編入されました。

さらに1973年(昭和48年)になると佐東町、安古市町、瀬野川町や白木町も広島市に編入され、安佐北区になりました。

近年では安佐北区の「食」と「農」についてもっと関心を持ってもらうため、レンコンや米などの野菜づくりや田の法面に芝桜を植栽するなど地産地消をテーマとする活動が進められています。

観光名所・人気スポット

広島市安佐動物公園
  • 広島市観光協会

    広島市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

上場企業

(株)研創

安佐北区の不動産情報

安佐北区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

安佐北区役所の周辺地図

読み込み中・・・

広島県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ