賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

三次市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

三次市の賃貸物件検索

三次市はどんな街?

三次市

全国のご当地へ

三次市のタウン情報

三次市は中国地方のほぼ中央に位置し、山陰・山陽を結ぶだけではなく、大阪・下関間の中継地としても役割を担います。

市街地は三次盆地を中心に形成され、北部県境周辺は8割以上が林野で占められています。

面積は約778平方キロメートルで、人口は約5万7千人です。

地理的優位性を活かし、三次市では将来的に10万人都市を目指した都市づくりが行なわれています。

中でも、中国横断自動車道尾道松枝線三好J.C完成は、より広域的なアクセスを可能にすると期待されています。

また、都市の魅力づくりとして「地域まちづくりビジョン」に基づき、河川の浄化や親水機能の向上などが行なわれています。

交通は、鉄道ではJR芸備線、福塩線、三江線が走ります。

バスでは市街地循環バス「くるるん」が運行し、各所を結びます。

道路では中国自動車道を中心に中国縦貫自動車道、国道54、183、184号などが走り、鉄道と共に放射状の交通網を構成しています。

三次市

市の位置

三次市の位置
都市イメージ

歴史

下本谷遺跡の出土などから、三次市には旧石器時代から人々の暮らしが営まれていたと考えられます。

古墳は広島県内の3分の1にあたる3000基余りが三次市から発掘されています。

中世は和智氏が約200年に亘り支配し、山陰と山陽を結ぶ宿場町として栄えました。

戦国時代末期には漁業文化が発展し、鵜飼漁も始まりました。

江戸時代は三次藩として浅野氏の統治下に置かれます。

明治になると町村制施行により三谿郡と三次郡が誕生。

1898年(明治31年)に合併し、双三郡となります。

大正から昭和初期にかけて鉄道の整備が進められ、1954年(昭和29年)双三郡十日市町、三次町及び粟屋村、神杉村、河内村、酒河村、田幸村、和田村が対等合併し、三次市市制が施行。

そのあとも一部の割譲や編入を繰り返し、2004年(平成16年)現在の市域が完成します。

現在は観光産業に物流産業、中小企業支援による物づくりの活性化、豊かな自然の保護など、地域の特色を最大限に活かしたまちづくりを、市民の協力のもと行なっています。

市の有名人(出身者)

奥田元宋(日本画)、奥田小由女・辻村寿三郎(人形作家)、中村憲吉(歌人)、二葉あき子・高山秋子(歌手)、二岡智宏・福原忍・永川勝浩・梵英心・田中大輔・太田泰示・永川光浩(野球) 等

日本一

  • ピオーネ(ぶとう)
  • 稲生物怪物語
  • 霧の海
  • 花火大会

特産品・酒

IC、液晶表示板、混成集積回路、ピオーネ(ぶどう)、菊、ゆず、泡雪、アユ加工品、ハーブ、山の芋、アスパラ、いちご、まむし、スッポン/美和桜、瑞冠、白蘭、三次ワイン

三次市の不動産情報

三次市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

三次市役所の周辺地図

読み込み中・・・

広島県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ