賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

東広島市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

東広島市の賃貸物件検索

東広島市はどんな街?

東広島市

全国のご当地へ

東広島市のタウン情報

東広島市は広島県の中南部に位置し、当県中央地域の中核都市としての役割を担います。

西条盆地を中心に市街地が形成され、沼田川、黒瀬川、瀬野川などの源流があります。

面積は約635平方キロメートルで、人口は約17万8千人です。

東広島市は豊富な水資源と寒暖差の大きさから、酒造りに適した環境と言え、西条は灘・伏見と共に全国的に名を知られています。

近年は広島大学を中心とした学園都市づくりが進められており、新たな都市像を「未来にはばたく国際学術研究都市」と定め、住民福祉の向上や、県央の交通拠点性の活用などの政策が展開されています。

また、広島中央テクノポリスの指定を受けたことにより、半導体産業の集積も進んでいます。

交通では、鉄道がJR山陽本線、呉線、山陽新幹線が東西に走り、路線バスが市内各所を結びます

。道路では山陽自動車道を始め、国道2、185、375号などが主幹道路となります。

また島しょ部へはフェリーが運航されています。

東広島市

市の位置

東広島市の位置
都市イメージ

歴史

岩幕山山麓遺跡の出土などにより、縄文時代以前から東広島市には人が居住していたと考えられます。

古墳時代には大小様々な古墳が作られ、各地で出土品が発見されています。

鎌倉時代には小早川氏の祖と言われる土井氏が一帯を治め、二ツ山城が築城されました。

室町から戦国時代にかけては大内氏の統治下となり、戦国後期には毛利氏の領土に。

江戸時代には福島正則が領主となります。

江戸時代には、新田開拓が進められ、他産業でも木綿や瓦の生産が盛んになります。

瓦や煉瓦の生産は現在も続けられています。

明治になり町村制が施行されると、当地域では多くの町村が誕生しました。

幾度の合併や郡同士の町村入れ替えなどを経たあと、1974年(昭和49年)広島大学の西条町移転を機に、西条町、八本松町、志和町、高屋町の4町が合併し、東広島市制が施行されました。

2005年(平成17年)には周辺5町を編入し現市域が完成。

学園都市の他、広島市のベッドタウンとしての役割を担い、更なる発展を続けています。

市の有名人(出身者)

岡本綾子・佐伯三貴(ゴルフ)、高田川親方(元関脇安芸乃島・相撲)、岡田茂(東映名誉会長)、久保田智子(アナウンサー) 等

日本一

  • DRAM専業メーカー(国内唯一)
  • 精米機製造メーカー(日本一)

特産品・酒

DRAM、スマートフォン、精米機、インスタントライス、米、牛肉、えごま、びわ、西条柿、じゃがいも、牡蠣、美酒鍋 /西条酒

上場企業

東広島市の不動産情報

東広島市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

東広島市役所の周辺地図

読み込み中・・・

広島県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ