賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

徳島市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

徳島市の賃貸物件検索

徳島市はどんな街?

徳島市

全国のご当地へ

徳島市のタウン情報

徳島県の東部に位置し、1889年に市制を施行しました。

阿波おどりや人形浄瑠璃など独自の文化を育み、伝統的な風情があちらこちらに漂っています。

市のシンボル眉山は風光明媚な観光スポットとして、好天の日は市街地や淡路島を望むことができます。

温暖な気候により産業も活性化し、農・林・水産にわたって多くの物産があります。

交通も充実しており、神戸鳴門ルートと四国縦貫・横断道の結節点として四国陸路の要所を担い、流通拠点としての重要視されています。

徳島市

市の花

サクラ

市の木

ホルトノキ

国際友好・姉妹都市

アメリカ・サギノー市、ポルトガル・レイリア市、中国・丹東市

市の位置

徳島市の位置
都市イメージ

歴史

古くは南海道の一国だった阿波国は、京や大坂からの文化の流入が早く、徳島市内に国府が置かれていました。

平安時代には、平氏の政権下で地元の豪族が勢力を持ちましたが、鎌倉幕府成立後は、佐々木氏や小笠原氏が守護職として統治していました。

室町から戦国時代にかけ、戦乱の世の流れで細川氏や三好氏、長宗我部氏など支配者が次々と代わっていきました。

1585年に豊臣秀吉の家臣だった蜂須賀正勝・家政父子が阿波国を任され、徳島城を築城して城下町を造りました。

徳島と命名したのは家政で、以後は徳島藩の本拠地として明治時代まで繁栄を見ました。

木綿の普及で藍染めの染料作りが産業となり、品質が優れていたことから専売制を行ないました。

時代が明治に入ると廃藩置県で徳島県となり、県庁が設置されました。

一時期名東県に改称されましたが1880年に徳島県が再設置されました。

この時代にも藍染料の産業が好調で、1889年の市制施行時には徳島市は全国で第10位の人口を擁していました。

徳島城は1875年に取り壊されますが、市役所、県庁は城のあった城山周辺に建てられ、藩政時代の地域区分が今も残されています。

市の有名人(出身者)

瀬戸内寂聴(作家)、竹宮恵子・柴門ふみ(漫画家)、立木義浩・三好和義(写真家)、川上憲伸(野球) 等

日本一

  • 阿波おどり

特産品・酒

家具・仏壇、藍、しじら織、ブロッコリー、カリフラワー、ほうれんそう、えだまめ、すだち、しいたけ、洋ラン/すだち酎

上場企業

(株)阿波銀行

徳島市の不動産情報

徳島市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

徳島市役所の周辺地図

読み込み中・・・

徳島県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ