賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

坂出市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

坂出市の賃貸物件検索

坂出市はどんな街?

坂出市

全国のご当地へ

坂出市のタウン情報

坂出市は香川県の北部の中央に位置し、「瀬戸内の交通拠点 活力とふれあいの坂出」がキャッチフレーズです。

その言葉の通り、瀬戸大橋の袂の街であり、JR坂出駅は本州から四国まで海上を渡ってくる瀬戸大橋の四国側の最初の駅です。

今では瀬戸大橋で知られる坂出市ですが、かつては海岸線に広大な塩田が広がる製塩の街で、特に昭和の中頃までは日本一の製塩地帯として栄えていました。

大量の塩の輸送のために港が整備され、海運業や造船業も発展してきました。

その後、日本の高度成長期の頃から製塩業に取って変わったのが、日本の経済成長の軸であった重工業です。

瀬戸大橋を渡ると眼下に見える広大な埋め立て地・番の州臨海工業団地には、造船、電力、アルミなどのコンビナートが集積し、香川県における重工業の核となっています。

その工業地帯に隣接する瀬戸大橋記念公園は、瀬戸大橋の完成を記念して開催された瀬戸大橋博覧会の会場跡地です。

坂出市はその海岸線に、大きな時代の胎動を抱いた街です。

坂出市

市の位置

坂出市の位置
都市イメージ

歴史

山間部の五色台や城山周辺から旧石器が多数出土し、海岸部では縄文式・弥生式土器が出土しています。

また、大化の改新の時代にはすでに讃岐国府が置かれていました。

このことから、人々の生活が古くから営まれ、文化や政治の中心地としての役割も果たしていたことが分かっています。

学問の神様として有名な菅原道真の讃岐国司としての赴任や、天皇の地位を退位させられた崇徳上皇の配流など、日本史を飾る事柄が市の歴史に刻まれています。

近代になってからの大きな転換点は1964年の番の州埋め立て事業のスタートです。

それまでは塩田が主役であった海岸線が瀬戸内地域における一大工業地帯「番の州臨海工業団地」へと生まれ変わり、日本の経済成長に大きな役割を果たしていくことになりました。

しかし同時にそれは、江戸の昔から地場産業として栄えてきた製塩業の終焉でもあり、1972年には最後の塩田が歴史の舞台から姿を消しました。

1977年、3本の本州四国架橋のうち、唯一道路鉄道併用橋となる瀬戸大橋の架橋地点が本州側は岡山県児島市、四国側は香川県坂出市に決定されました。

そして1988円、世紀の一大事業と言われた瀬戸大橋が完成の時を迎えました。

1997年、かつて街を支えていた製塩業を詳しく紹介した坂出市塩業資料館が完成したことなどもあり、坂出市では、街の歴史を大切にしようという機運が改めて高まっています。

市の有名人(出身者)

中河与一(作家)、津島寿一(官僚・政治家) 等

日本一

  • 瀬戸大橋(13年4月に開通25周年)

特産品・酒

さぬきうどん、塩、大根、レタス、坂出三金時(金時イモ、金時ニンジン、金時ミカン)

坂出市の不動産情報

坂出市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

坂出市役所の周辺地図

読み込み中・・・

香川県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ