賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

福岡市南区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

南区の賃貸物件検索

福岡市南区はどんな街?

福岡市南区

全国のご当地へ

福岡市南区のタウン情報

市の南部の内陸部に位置しています。

ベッドタウン的な役割を担い、閑静な戸建住宅や大規模な集合住宅で占められています。

特に区の北西部の鴻巣山周辺は高級住宅地として発展しています。

区内の随所に市民の森や牧場、公園が作られている他、50以上のため池が点在し、水と緑に恵まれています。

市の中心となるのは西鉄の大橋駅周辺で、小中規模の商業施設や公共公益施設が集中しています。

また、西鉄の天神大牟田線沿いには大学や短大、市民センターや劇場などの文教施設が立地され、 様々な文化を発信しています。

区の東部には、市内では珍しく高温の博多温泉が湧き出ており、多くの入浴客で賑わっています。

南区

区の位置

南区の位置
都市イメージ

歴史

野多目遺跡群には、縄文時代以降の貯蔵穴や遺構などが発見されており、古代から大勢の生活が営まれてきました。

紀元前4世紀頃に大陸から水稲耕作が伝わると、野多目地区や那珂川流域で稲作が始まり、井堰や貯水池などが造られました。

6世紀頃には朝廷とのかかわりが深まり、食料の備蓄庫や外交拠点が置かれていたようです。

それ以後は歴史の大きな舞台に登場することは少なく、農村地帯として穏やかな時代を送ります。

1889年に市町村制が施行され、福岡市に編入されましたが、旧自治体の範囲内で所有を認める特区に指定され、独自の路線を進みました。

1950年頃より宅地開発の進行で人口が増加し、1972年の政令指定都市の指定を受けて、現在の南区が誕生しました。

上場企業

日創プロニティ(株)

南区の不動産情報

南区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

南区役所の周辺地図

読み込み中・・・

福岡県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ