賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

飯塚市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

飯塚市の賃貸物件検索

飯塚市はどんな街?

飯塚市

全国のご当地へ

飯塚市のタウン情報

飯塚市は、福岡県のほぼ中央に位置し、中央部を一級河川の遠賀川が流れ、下流の直方市方面流域に市街地が広がっています。

北を除く三方が、山に囲まれた地形となっているため、夏場は気温が上がりやすく、冬場は放射冷却で氷点下まで下がる日が多い盆地特有の気候です。

そのため福岡県内の他地域と比較すると積雪が多くなります。

特に福岡市内へ続く八木山峠は、道路が整備されるまでは交通の難所でした。

現在の市街地は、昭和初期から筑豊炭田の流通を担う中心都市として発展しました。

しかし石油へのエネルギー転換が進み、炭鉱が閉山して地域経済は一時期停滞しましたが、2003年(平成15年)に「飯塚アジアIT特区」と呼ばれる経済特区の指定を受けたことによって、北部の幸袋地区にハイテク産業向け工業団地「飯塚リサーチパーク」が建設されます。

現在では、九州工業大学と連携してハイテク産業の育成を図っています。

飯塚市

市の位置

飯塚市の位置
都市イメージ

歴史

弥生時代中期の集団墓遺跡である立岩遺跡からは、弥生時代の絹が発見されています。

魏志倭人伝の記載より250年も前に、この地域には絹文化が存在していたことが証明されています。

遠賀川流域の古墳群から発掘された出土品の調査によって、当時権勢を誇った有力者たちが遠賀川一帯を統治し、稲作を行なっていたことが分かっています。

江戸時代になると、遠賀川沿いに長崎街道が整備され、市の中心部に飯塚宿、市の南部に内野宿が整備され、それぞれ宿場町として栄えています。

遠賀川沿いの稲作が中心だったこの地域では、宿場町の繁栄によって商業も盛んになりました。

明治時代になり、石炭がエネルギー資源として注目されると、筑豊の石炭発掘が盛んになり、この一帯は筑豊炭田と呼ばれ発展します。

昭和時代初期には筑豊地域の中心都市となり、全国各地や国外から多くの炭坑労働者が移り住み、人口は急増しました。

しかし戦中戦後の石炭の資源枯渇と昭和30年代以降の石油エネルギーへの転換によって、石炭産業は衰退し、炭鉱の閉山による急激な過疎化が進みます。

平成時代に入ると、近畿大学や九州工業大学が飯塚に開学し、附属高等学校や附属幼稚園を設置したことで学生を中心に人口が増加し、過疎化は止まり、人口は徐々に増え続けています。

市の有名人(出身者)

前田勝之助・花村仁八郎・麻生太吉・伊藤伝右衛門(実業家)、麻生太郎(元首相) 等

日本一

  • 茜染

観光名所・人気スポット

伊川温泉
  • 飯塚市観光協会

    飯塚市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

たけのこ、梨、りんご、柿、千鳥饅頭、ひよこ饅頭、すくのかめ(最中)、菊、スープ、筑穂牛、ぶどう、 南蛮往来、ふき、一鳥万宝(瑞穂菊酒造)、薫仙(薫仙酒造)

上場企業

飯塚市の不動産情報

飯塚市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

飯塚市役所の周辺地図

読み込み中・・・

福岡県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ