賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

行橋市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

行橋市の賃貸物件検索

行橋市はどんな街?

行橋市

全国のご当地へ

行橋市のタウン情報

行橋市は、福岡県東部に位置し、東西に貫く3本の二級河川の今川、長峡川、祓川が周防灘に流れ込んでいます。

市のほぼ全域が平野部で、みやこ町と隣接する南西部地域と、北九州市と隣接する北東部の一部に山がある程度です。

JR九州の行橋駅前を中心に市街地が形成され、通称行橋駅前通りの沿道に商業施設が集中しています。

北九州市への通勤圏内であるためベッドタウン化が進み、駅の西側にはマンションや大型ショッピングセンターが多く建設されています。

行橋駅の隣駅である新田原駅周辺も市街地化が進み、工業団地が稲童地区に整備されて人口は増加傾向にあります。

市の南西部には水田地帯が広がり、近郊型農業が盛んです。

また周防灘に面しているため漁業も盛んで、シャコ、ワタリガニの漁や、蓑島地区や稲童地区のカキの養殖が有名です。

行橋市

市の位置

行橋市の位置
都市イメージ

歴史

大陸からの攻撃を防ぐため、7世紀ごろ御所ヶ岳や馬ヶ岳に山城が築かれ、全長およそ3kmに渡り城壁が設けられていました。

これらの史跡は現在でも良い状態で残され、御所ヶ谷神籠石として国の史跡に指定されています。

江戸時代は、中津街道の小倉と豊前の間に位置する宿場町として発展します。

小倉藩の周防灘沿岸地域における主要な港として栄えていた祓川河口の沓尾漁港は、年貢米輸送や要人の移動などに用いられていました。

江戸時代末期の長州征討の敗戦によって、企救郡を薩長軍に占領されてからは小倉藩唯一の港となり、戊辰戦争の兵力輸送もこの港から行なわれました。

明治時代以降は、筑豊地方にも近かったため、1960年代までは筑豊炭田から国道201号や国鉄田川線を利用した石炭輸送が、行橋市を経由して苅田港へと輸送されていました。

石炭から石油へのエネルギーの転換期以降は、工業団地を整備し、日産自動車の九州工場を始めとする自動車関連企業の誘致に成功し、新しい産業基盤の整備が進められています。

市の有名人(出身者)

村上仏山(私塾「水哉園」創設)、末松謙澄(政治家)、竹下しづの女(俳人)、二保旭(プロ野球) 等

日本一

  • いちじく
  • 豊前海一粒かき
  • 味噌だれおでん

観光名所・人気スポット

行橋教会
  • 行橋市観光協会

    行橋市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

いちじく、桃、巨峰、なばな、がざみ(蟹)、車えび、あさり、豊前海一粒かき、たにし人形/豊州しゃこ(麦焼酎)

行橋市の不動産情報

行橋市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

行橋市役所の周辺地図

読み込み中・・・

福岡県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ