賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

宗像市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

宗像市の賃貸物件検索

宗像市はどんな街?

宗像市

全国のご当地へ

宗像市のタウン情報

宗像市の北部は、玄界灘に面する緩やかな海岸線が続き、南部には丘陵地が広がっています。

九州の主要交通網であるJR九州鹿児島本線と国道3号線が東西に横切っています。

福岡市と北九州市の中間にあるため、都市近郊部のベッドタウンとして大規模な住宅地開発が行なわれ、整然とした街並みが整備されています。

中央部を流れる釣川流域には豊かな農地が広がり、年間6,000トンを超える県内有数の水揚げ高を誇る鐘崎港や大島など4つの漁港では、新鮮な海の幸が水揚げされ、玄海ブランドの特産品として全国に流通しています。

また古代より道の神様として信仰される宗像大社や、樹齢200年の黒松林が続く全国白砂青松100選にも選ばれた「さつき松原」などの観光名所は、全国的に有名です。

宗像市

市の位置

宗像市の位置
都市イメージ

歴史

宗像地方に人が住み始めたのは約3万年前の旧石器時代と言われ、弥生時代には釣川沿いに広がる肥沃な平野では、多くの人が定住していたようです。

古代から海上ルートの拠点であった宗像地域は、海のシルクロードと言われていました。

古代より道の神様として信仰されている宗像大社の名は、日本書紀にも記され、遠く大陸に渡った遣唐使なども航海安全のために必ず参拝をしていました。

1336年(建武3年)の豊島河原の戦いで新田軍に大敗を喫した足利尊氏が、九州に下った際に宗像大社を参拝し、その後多々良浜の戦いにおいて菊池武敏らを破って勢力を立て直したことから、武運の神様としても有名になりました。

江戸時代は、福岡藩や唐津藩の参勤交代の道である唐津街道の宿場町「赤間宿」が栄え、1864年(元治元年)の第一次長州征伐(幕長戦争)に際しては、西郷隆盛と高杉晋作が太宰府へ移送中の三条実美に会うために、赤間宿を訪れています。

明治時代には、旧薩摩藩士で日本海軍の司令官として日清及び日露戦争の勝利に大きく貢献した東郷平八郎も宗像大社で必勝祈願をしています。

また1905年(明治38年)日本艦隊を率いる東郷平八郎が、ロシアのバルチック艦隊を撃破した日本海海戦が行なわれた海域は、沖ノ島の沖合でした。

鉄道開通後は、宗像地方の物資の海上輸送の集積地としてにぎわいます。

昭和時代になると福岡と北九州の両政令市に通勤できるベッドタウンとして開発が進み、福岡教育大学をはじめとする3つの大学が開学しました。

さらに総合文化施設や大型商業施設が進出するなど、住宅都市、教育都市として発展しています。

市の有名人(出身者)

出光佐三(実業家)、中村研一・中村琢二(画家)、河野明子(声楽家)、藤本隆宏(俳優、元オリンピック選手)、清水航平(プロサッカー選手) 等

観光名所・人気スポット

鎮国寺
  • 宗像市観光協会

    宗像市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

釣りあじ玄ちゃん、玄海活いか、玄海とらふく、あわび、さざえ、うに、ニューサマーオレンジ、椿油、ケール/亀ノ尾・楢ノ露

宗像市の不動産情報

宗像市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

宗像市役所の周辺地図

読み込み中・・・

福岡県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ