賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

鳥栖市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

鳥栖市の賃貸物件検索

鳥栖市はどんな街?

鳥栖市

全国のご当地へ

鳥栖市のタウン情報

鳥栖市の北部に脊振山地がそびえ、南部には筑紫平野が広がり、その中央を筑後川が有明海へゆったりと流れています。

市街地は、JR九州の鳥栖駅を中心に周辺部へと広がっています。

この地域は昔より交通の要衝として発展してきた地域で、北九州から鹿児島を結ぶ国道3号、鳥栖から長崎市を結ぶ国道34号、鳥栖から大分県の別府市を結ぶ国道500号がここで交差しています。

JR鳥栖駅は九州の幹線である鹿児島本線と長崎本線への乗り継ぎ駅となっています。

さらに2011年(平成23年)には九州新幹線の新鳥栖駅が開業するなど、九州の交差点としての重要性は年々増しています。

行政も企業の物流拠点戦略をバックアップし、多くの産業団地が造成されています。

2004年から営業を開始した 鳥栖プレミアムアウトレットをはじめ大手の流通センターが進出しています。

一方歴史ある地場産業として知られる田代売薬は、日本四大売薬のひとつとして全国的に有名です。

鳥栖市

市の位置

鳥栖市の位置
都市イメージ

歴史

奈良時代初期に編纂された肥前国風土記には、「応神天皇の御代、この地に鳥屋が置かれた」とあり、これがのちに「鳥栖」に転化したと伝えられています。

古来から九州の交通の要衝として知られていました。

また中国大陸や朝鮮半島から伝わった文化もこの地を通り、全国に広がっていきました。

江戸時代には、長崎街道の宿場町として田代宿と轟木宿が置かれていました。

田代宿には、対馬府中藩の米倉や代官所が設置されていた他、朝鮮通信使の立ち寄り場所として応接のための施設も備えられた国際交流が盛んな地域でした。

朝鮮から輸入した漢方薬や薬に関する知識は領民に広がり、九州の薬商の大半を田代産の薬が占める程でした。

明治維新期の佐賀の乱や西南戦争の際に薬が不足したため製薬業はさらに発展しました。

最初の鉄道網として1889年(明治22年)博多から筑後川北岸まで九州鉄道が開通しました。

さらに鉄道網は整備され、九州全土の列車が往来し、「鉄道の町」として機能します。

モータリゼーションが大きく鉄道から自動車に方向転換すると、道路網の整備が進められます。

1972年(昭和47年)に鳥栖筑紫野道路が開通し、1973年(昭和48年)には九州道と長崎道、大分道を結ぶ鳥栖ジャンクションが開通するなど交通都市として、その重要性は増しています。

市の有名人(出身者)

松雪泰子(女優)、原ォ(作家)、権藤博・緒方孝市(野球)、園田英樹(脚本家、作家) 等

日本一

  • クローバー型JCT
  • J1サガン鳥栖を応援するサポーター

観光名所・人気スポット

ベストアメニティスタジアム
  • 鳥栖市観光協会

    鳥栖市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

薬品、タイヤ、グリーンアスパラガス

上場企業

久光製薬(株)

鳥栖市の不動産情報

鳥栖市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

鳥栖市役所の周辺地図

読み込み中・・・

佐賀県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ