賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

佐世保市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

佐世保市の賃貸物件検索

佐世保市はどんな街?

佐世保市

全国のご当地へ

佐世保市のタウン情報

佐世保市は、長崎県の北部の北松浦半島を中心とする地域で、複雑なリアス式海岸を持つ佐世保湾の一番奥に市街地が広がっています。

北松浦半島は山がちな地形であるため、市街地中心部まで坂の多い町並みとなっています。

港町特有の佇まいは、夜になると美しい夜景になります。

第二次世界大戦まで旧海軍の軍港が置かれ、現在もその設備を受け継いだ造船業が基幹産業となっています。

また日本最大級のテーマパークであるハウステンボスや西海国立公園に代表される観光地域という面も持ち合わせています。

佐世保市

市の位置

佐世保市の位置
都市イメージ

歴史

佐世保市の地域に人が住み始めたのは、縄文時代以降と考えられています。

奈良時代に編纂(へんさん)された肥前国風土記によれば、土着豪族が勢力を振るっていたと記されています。

今も特産として有名な早岐のワカメは、この頃から収穫されていたようです。

室町時代になると各地の豪族を制圧した松浦氏が現在の市域中心部に佐世保城を築き、佐世保姓を名乗りました。

江戸時代には新田開発が行なわれ、早岐と相浦には大きな集落がありましたが、その地域以外は小さな農漁村地帯が点在していたようです。

明治時代に入ると当時人口千人余りの寒村だった佐世保が、軍港の建設適地とされ海軍施設と街の整備が進められました。

佐世保は急速に発展し、九州でも五本の指に入る大都市へと変貌します。

しかし第二次世界大戦末期の空襲で市の中心部は焦土と化しました。

戦後になると旧軍港の佐世保港は商港への転換も進められましたが、朝鮮戦争の勃発によって再び軍港としての機能を担うことになり、米軍を中心とした国連軍の前進基地になります。

現在も米軍や海上自衛隊が駐屯する軍港としての機能を持つ港のままです。

しかし九十九島を中心とした西海国立公園や豊かな海は、佐世保の新しい方向性を開く資源として様々な施策が計画されています。

市の有名人(出身者)

楠本端山(儒学者)、村上龍(作家)、城島健司(野球)、深浦康市(将棋)、原田泳幸(企業経営者) 等

日本一

  • 三ケ町・四ケ町アーケード街の長さ
  • 九十九島(大小208の島々・島の密度)
  • 豆粒文土器(世界最古)

特産品・酒

陶磁器(三川内焼)、干もの、真珠、牡蠣、みかん(出島の華、味っ子、味まる)、メロン、いちご、茶(世知原茶)、長崎和牛、いりこ、とらふぐ、カーネーション/梅ヶ枝、ふるさと讃歌

上場企業

佐世保市の不動産情報

佐世保市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

佐世保市役所の周辺地図

読み込み中・・・

長崎県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ