賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

熊本市中央区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

中央区の賃貸物件検索

熊本市中央区はどんな街?

熊本市中央区

全国のご当地へ

熊本市中央区のタウン情報

中央区は熊本市のほぼ中央に位置し、都市機能の集積地であり、歴史・文化遺産にも恵まれています。

区の中心には上通、下通のアーケード街を中心とする商店街が広がり、周辺地域には熊本城の城下町として栄えた風情ある町並みも残ります。

中央区は熊本城をはじめ明十橋や旧第一銀行などの歴史的建造物、水前寺成趣園などの日本庭園を有し、満開の桜に彩られる熊本城、水と新緑に包まれた庭園など四季折々の美しい風景を楽しむことができます。

また市街地の新しい緑創出事業のひとつである「市電緑のじゅうたんサポーター制度」によって、市電軌道敷地内には青々とした芝生が植えられ、市民や観光客の目を楽しませています。

区内の交通はJR豊肥本線、熊本電気鉄道菊池線、藤崎線、熊本市電が通り、熊本交通センターからは放射状に路線バス網が張り巡らされています。

主要な道路としては国道3、266号などがあります。

中央区

区の位置

中央区の位置
都市イメージ

歴史

中央区黒髪町のカブト山遺跡などから縄文時代の押型文土器が出土しており、遥か古代より人々が生活を営んでいたことが分かります。

また、古墳時代の末期に造られたと考えられるつつじヶ丘横穴群は、崖面に掘られた横穴式の共同墓地で、内部から土器や鉄製品、装身具などが発見されています。

奈良時代初期には、道君首名(みちのきみのおびとな)という人物が肥後国司となってこの地を治めました。

平安時代には熊本の総鎮守と称される藤岡八幡宮が建立され、戦国時代に入ると豪族であった鹿子木寂心が茶臼山西南麓に城を築き一帯を統治します。

そのあと、加藤清正によって熊本城が築かれますが、清正の死後は改易となり、代わって入城した細川氏が熊本藩主として幕末まで統治を続けました。

1889年(明治22年)に熊本市が誕生。

近隣の町村を編入しながら2010年(平成22年)に現在の市域になりました。

2012年(平成24年)4月には政令指定都市へ移行し、行政区として中央区が置かれました。

上場企業

(株)ヤマックス

中央区の不動産情報

中央区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

中央区役所の周辺地図

読み込み中・・・

熊本県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ