賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

大分市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

大分市の賃貸物件検索

大分市はどんな街?

大分市

全国のご当地へ

大分市のタウン情報

大分県の中部にある大分平野に位置し、1911年に市制を施行しました。

北東部は瀬戸内海に面し、瀬戸内海気候に属した温暖な気候です。

古い歴史を持ち、古墳や石仏など貴重な史跡や文化財が市内に数多く残っています。

別府に近い高崎山はニホンザルの生息地として有名で、国指定天然記念物となっています。

農水産業が盛んで、野菜・果樹など多彩な生産物があり、佐賀関地区はサバやアジの水揚げで有名です。

鉄道の分岐点でもあり、高速道路とともに東九州の交通の要所を担っています。

大分市

市の花

サザンカ

市の木

ホルトノキ

国際友好・姉妹都市

アメリカ・オースチン市、ポルトガル・アベイロ市、中国・武漢市、中国・広州市

市の位置

大分市の位置
都市イメージ

歴史

古代から豊後国の国府として栄え、鎌倉時代から大友氏がこの地を支配しました。

特に大友宗麟の時代は九州各地に勢力を拡大し、京都や南蛮文化を取り入れ、明やポルトガルとの交易も活発に行なわれ、港町として繁栄しました。

しかし豊臣秀吉が大友氏を打ち破り、長年にわたる大友氏の支配は終止符を打ちました。

その後は小さな藩が分立し、1597年には豊後臼杵から転じた福原直高によって府内城が築かれますが、城下町にまでは至らず幕末まで松平氏が居城しました。

大分川流域はいくつかの大名が交代して支配しました。

明治政府による廃藩置県では、県庁所在地となりましたが、市制施行は明治末期まで遅れました。

市制施行から交通や工業化を進め、経済や文化の面でも大分県の中心的都市に発展。

昭和の高度経済成長期には、製鉄や石油化学などの臨海工業地帯が形成され、産業の活性化を促しました。

これに伴って大分港は重要な位置付けとなり、工業製品の物流拠点としてこの地域の経済を支えています。

市の有名人(出身者)

大友宗麟(戦国大名)、村山富市(元首相)、福田平八郎・山辰雄(画家)、磯崎新(建築家)、南こうせつ・錦野旦(歌手)、ユースケサンタマリア・古手川祐子・深津絵里・財前直見(俳優)、千代大海(相撲)、内川聖一・鉄平(野球)、清武弘嗣(サッカー) 等

日本一

  • 「全市いっせいごみ拾い大作戦」参加市民数世界一
  • 高炉容積
  • 関あじ・関さば
  • くろめ

特産品・酒

にら、みつば、大葉、関さば、関あじ、くろめ(かじめ)、大分ふぐ/倉光、福園

上場企業

(株)大分銀行

大分市の不動産情報

大分市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

大分市役所の周辺地図

読み込み中・・・

大分県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ