「不動産業の歴史」

不動産業の歴史

歴史というものは知っておいて損はありません。ここでは、知っておくと得をする「不動産の歴史」をピックアップしてご紹介します。

土地私有化のはじまり
 
 
■土地の私有化は「荘園」にはじまる
西暦645年の「大化の改新」で、それまで皇室や豪族が支配していた私有地を廃止し、すべての土地を公地に改める制度が定められました。しかし奈良時代になると、貴族や大寺院による荘園が発達して公地公民制度が崩れ、本格的な土地の私有化がはじまったとされています。
 
 
■「土地所有」は米の徴収手段
鎌倉時代になると、それまでの貴族に代わって武士階級が荘園や土地の所有者となり、さらにその後の江戸時代には大名などが所有者となりました。但し江戸時代までの土地の所有は、年貢である「米」の徴収手段としての所有に過ぎませんでした。

不動産業のはじまり
 
 
■「不動産業」という仕事
「不動産業」というビジネススタイルは、日本では江戸時代の貸家経営とその管理にはじまります。当時の貸家や貸地の所有者は商人や大地主でした。これとは別に、不動産の管理だけを仕事として請け負っていた人達がいて、彼らは「差配人(さはいにん)」と呼ばれていました。

■明治時代に「業者」が誕生
その後、時代が進んで明治時代に民法が施行されると、個人の「仲介業者」や「不動産会社」にあたる業者が誕生しました。
 
「不動産」という言葉も明治時代に登場
「不動産」という言葉も明治時代の初期にはじめて登場しました。それ以前の封建時代に「不動産」を表す言葉として使用されたのは、「家屋敷」「地所」「家屋」などでした。「不動産」は明治以降、ずっと広い意味で使われ、社会生活や経済の中で一般化していきました。
 
■「不動産」という言葉の出所はフランス民法
「不動産」という言葉は、明治3年に民法の編纂が行なわれた時、その参考としたフランス民法の中にある言葉を「動産」「不動産」という法律用語として日本語に翻訳したのがはじまりだとされています。
 
不動産業の発展
 
 
■不動産業は明治時代から発展
日本の不動産業は、「不動産会社」や「仲介業者」が誕生した明治時代以降に急速に発展していきました。都市開発としてのオフィス街のテナントビル建設を皮切りに、明治後期と大正期のニュータウン開発へと続き、さらに昭和期の近代的な共同住宅や分譲・賃貸マンションの誕生へと発展しました。

近代的な「都市開発」が始まる
日本の近代的な都市開発は、明治初期の「丸の内」からはじまりました。その当時厳しい財政難に陥っていた明治政府は、「丸の内」の土地を民間に払い下げることにしました。しかし、明治初期の「丸の内」はただの原野で、しかも鉄道の駅は新橋にあったため、「丸の内」周辺は利用価値の低いエリアでした。
 
■三菱地所が誕生しビルが竣工
この政府の払い下げに対して、買い手として名乗りをあげたのが当時の三菱財閥でした。三菱財閥は、当時のロンドンのビジネス街にならったオフィス街をつくる計画を立てました。最初のビルは1892年(明治25年)に竣工し、その後の7年間で新たに4つのテナントビルが完成しました。
 
■「丸ビル」誕生
その後1914年(大正3年)に東京駅が完成し、1923年には丸の内中央口の正面に「丸ビル」が建設されました。「丸ビル」はビル内にテナントによる商店街が作られたことで、自由に誰もが出入りできるビルとなり、当時としては画期的な存在でした。
 
■ニュータウン開発のはじまり
明治後期になると都市部では開発が進み、中でも電鉄会社は沿線の周辺を宅地化したり、その土地に建売住宅を建てたりして積極的な開発を手がけました。また、その後には大規模開発としてニュータウン作りを展開していきました。
 
■ニュータウン代表は「田園調布」
大規模開発で生まれたニュータウンの代表が「田園調布」でした。「田園調布」の際立った特徴としては、周囲の景観や環境などが将来にわたって保たれることを強く意識して開発が行なわれたことでした。
 
■「分譲・賃貸マンション」誕生へ
第二次世界大戦で焼け野原となった都市を復興させるには、まずは住宅の確保が重要でした。そこで当時の政府は、日本住宅公団や住宅金融公庫などの住宅施策を推進するための公的機関を設置し、国と民間双方による住宅の供給促進を目指したことで分譲・賃貸マンションなどの建設が進みました。
 
「マンション」は高嶺の花
この時期に建てられた公団住宅は「文化住宅」と呼ばれて憧れの対象でした。当時の分譲マンションの価格は500〜800万円で、平均的サラリーマンの年収が20万円前後でしたからまさに庶民には高嶺の花でした。