「土地の評価を知ろう」

土地の評価を知ろう
土地の価格は、評価の仕方によって4つの価格が存在すると言われています。
土地の評価について

土地の評価は、公的機関の評価だけでも「地価公示価格」「基準地価格」「相続税路線価」「固定資産税評価額」の4つの評価基準が存在しています。
地価公示価格と基準地価格は、国土交通省および都道府県が評価し、相続税路線価は、国税庁が評価します。そして固定資産税評価額は市町村が評価することになっています。
 

公的機関の土地の評価基準

其の1 地価公示価格
  地価公示価格は、地価公示法に基づき、国土交通省の土地鑑定委員会が毎年1月1日現在の価格を発表しています。民間の不動産取引の指標とされ、一般の人が地価を知る最大のよりどころとなっています。また公共用地の収用の算定基準にもなっています。

其の2 基準地価格
  基準地価格は、国土利用計画法に基づき都道府県知事が基準地を選定し、毎年7月1日現在の宅地基準について公表する土地の標準価格のことです。地価公示価格とともに鑑定評価の基準となるべき価格です。

其の3 相続税路線価
  相続税路線価は、主要道路に面した土地1平方メートル辺りの標準の価格で国税庁が相続税法に基づき発表しています。相続税路線価は、相続税額を算出する際の評価基準となるもので、相続税路線価がない地域では固定資産税評価額に一定倍率を掛けて評価額が決定されます。
毎年評価替えが行なわれ、1月1日現在で評価した「相続税路線価」が相続税・贈与税の課税基準となります。通常、相続税路線価は「公示価格」の80%を目安としています。

其の4 固定資産税評価額
  固定資産税評価額は、土地や建物などの固定資産に対し、固定資産評価基準に基づき評価します。この評価額に各市町村が定めた税率をかけて固定資産税・都市計画税などの税額を算出しています。
固定資産税評価額は、「地価公示価格」の70%を目安に決められています。また、3年ごとに評価替えが行なわれます。