「一般定期借地権」

定期借地権の中で最も存続期間の長い「一般定期借地権」。マンションや分譲住宅などを建て、定期借地権付きで販売する活用方法が、今注目されています。

一般定期借地権とは

「一般定期借地権」とは、借地権の存続期間を50年以上に設定し、契約期間終了後、借地権が確実に消滅する借地契約です。地主は土地を借地人に貸すことで、毎月の地代収入を得られます。契約更新や期間延長がなく、契約期間終了後には土地が更地になって戻ってきます。

一般定期借地権のメリット

メリット

一般定期借地権の特約

「一般定期借地権」は、借地期間を50年以上に設定することで、それまで無効とされてきた3つの特約が有効となります。

3つの特約

  1. 契約を更新しない
  2. 建物を再築しても存続期間を延長しない
  3. 建物買取り請求権を行使しない

つまり、土地を借りて建物を建てた借地人が契約期間終了後、建物を取り壊して借りた土地から出ていくことを意味します。

契約の締結の仕方

「一般定期借地権」は、3つの特約を「公正証書などの書面」で行なう必要があります。ただ、借地期間が50年以上と長期にわたるため、実務的にも公正証書を作成したほうが確実です。

一般定期借地権の活用法

「一般定期借地権」は、主に借地権付分譲住宅の敷地として設定されます。一般的に家を建てるためには、土地と建物が必要です。ただ、普通のサラリーマンの場合、土地を購入し建物を建てると大きな負担になります。ローンの返済を考えると、家賃の支払いだけで済む借家のほうが経済的に楽でしょう。ところが「一般定期借地権」の場合は、建物のローンと地代だけで済みます。土地は他人のもので建物も取り壊す必要がありますが、50年間を夢のマイホームで暮らせることができます。

一般定期借地権の活用方法