「ローコスト住宅」

ローコスト住宅
家づくりは、限られた予算内でどれだけ要望を満たせるかが大切です。ここでは、ローコストで高品質な住まいを建てるために、賢いコストダウンのコツをご紹介します。
ローコストで質の良い住宅を建てるために

価格の安さだけを追求しすぎると、結果的に不満だらけの家になってしまいかねません。
重要なポイントは、自分たちが何を大切にしたいか良く考えることです。予算をかける場所をきちんと把握し、残りは思いきって切り捨てる勇気も必要かもしれません。
その選択を誤らないことがコストダウン成功の秘訣です。

工事施工面積を少なくする

平面的にも立体的にもシンプルな間取りは、複雑な形状のものと比べて工事の手間がかかりません。
四角形に近い単純な外観は、基礎や外壁、屋根などの工事面積が少ないためコストダウンにつながります。
但し、住空間の質を落とさないよう注意が必要です。

設備工事費を抑える

設備機器は工事費に大きく影響します。快適な暮らしをどこまで追求するかによって、設備機器の必要性を考えましょう。
水まわりを一ヵ所に集めることも、給排水管の長さが短くなりコストダウンにつながります。

ローコスト材を使用する

外観に高級感を求めて予算をかけたにも関わらず、見栄えが悪くなるケースは多々あります。
逆に、安くて良質な材料を選び素材感を活かすことで、ローコストかつオリジナリティーあふれる住まいづくりが可能です。
ただ、安いからといって本物に似せた材料を選んでしまうと、安っぽくなってしまうので注意しましょう。

仕上げ材の種類を少なくする

一軒の家づくりには、驚くほどたくさんの職人さんが関わっています。
使われる仕上げ材も様々です。こだわりのある家づくりは大切ですが、ドアや窓、内外装などの部分を統一することで人件費や材料費を削減できます。
工期の短縮にもつながるため、大幅なコストダウンが可能です。