「モデルルームで確認」

モデルルームで確認
分譲マンション販売業者の多くは、モデルルームを設置しています。購入する前にモデルルームを見学して、自分のイメージと照らし合わせることがポイントです。
雰囲気や装飾品に惑わされない

モデルルームには豪華な家具やおしゃれなインテリアが置かれて、購買意欲をそそるように演出してあります。しかしこれはあくまでも「演出」であり、こうした雰囲気や装飾品に惑わされないように心がけましょう。

間取りやスペースをチェックする

各部屋の広さ、間取りの使い勝手など、自分の希望するタイプとどれくらいの差があるかをチェックします。また天井の高さや梁の位置、ドアの開閉方向などから、家具の配置を想定してチェックします。

各部屋の機能をチェックする

キッチンやトイレ、バスルームなどは、それぞれ使いやすくできているか、収納スペース(容量)はどの程度あるかを見ることも重要です。また、コンセントの位置や数もチェックしましょう。

付加価値機能をチェックする

最近では、ケーブルテレビや床暖房などいろいろな付加価値機能が設けられていますが、その機能だけでなく実際にかかる費用もチェックする必要があります。

周辺環境をチェックする

モデルルームでは周辺環境がわからない場合があります。日当たりや騒音などは、実際に現場に行って自分で確かめることも必要です。スーパーや学校なども実際に歩いてみて、距離を把握すると良いでしょう。