「不動産売却チェックポイント」

不動産売却チェックポイント
不動産売却の流れ〜媒介契約〜 不動産売却の流れ〜売買契約〜
不動産売却で注意したいこと 売却にかかる費用と税金

不動産を売却する人にとっては、その手続きはもとより、タイミングよく希望の価格で売れるのかなど、不安材料も多いはずです。そこで、不動産を売却するために必要な手順や、気をつけたいポイントを解説します。

不動産を売却する際は、不動産会社の選択から引渡しまでの手順を把握しておくことが大切です。また、現在の住まいを売って新しい住宅を購入する場合は、売却と購入のタイミングを上手に組み合わせる必要があります。信頼できる不動産会社を選び、アドバイスを受けながら進めましょう。

不動産会社を選ぶ
不動産売却の重要なパートナーとなるのが不動産会社。査定はほとんどの不動産会社が無料で行なってくれるので、複数の業者の中から、査定内容を詳しく説明してくれたところを選ぶのも賢明な方法です。

不動産会社に査定を依頼

不動産を売却する場合、できるだけ高い価格で売りたいと考えるのは当然の気持ちです。とは言っても、極端に高いと買い手がつきません。まずはプロである不動産会社に妥当な金額(査定価格/通常の営業活動で3ヵ月程度で売却が可能な価格)を提示してもらう必要があります。

売却価格の決定

査定価格を参考に、売り出し価格を決定します。

不動産会社と媒介契約を結ぶ

媒介契約には、「一般媒介契約」・「専任媒介契約」・「専属専任媒介契約」の3つのタイプがあります。それぞれの特徴を確認の上、最も適した媒介契約を結びましょう。
一般媒介契約 「一般媒介契約」は、複数の不動産会社に売却を依頼することができる契約です。不動産会社から依頼主への報告義務はなく、依頼主も自分で買主を見つけることができます。
専任媒介契約 「専任媒介契約」は、特定の不動産会社(一社)に売却を依頼し、他の不動産業者に重ねて依頼することはできません。不動産会社は、2週間に1回以上、売却活動の状況を依頼主に報告する義務があります。依頼主は、自分で買主を見つけることもできます。
専属専任媒介契約 「専属専任媒介契約」は、「専任媒介契約」と同じく特定の不動産業者(一社)に売却を依頼する契約です。不動産会社は、依頼主に対して、1週間に1回以上、売却活動の状況を報告する義務があります。また依頼主は、自分で買主を見つけることはできません。