「シックハウス症候群」

シックハウス対策
新築住宅やリフォーム後の住まいで多数報告されている「シックハウス症候群」。快適な日常生活を蝕むアレルギーの具体的な症状と対策例をご紹介します。
シックハウス症候群

「シックハウス症候群」とは、住宅の新築やリフォームに使われた住宅建材から発生する、ホルムアルデヒドなどの化学物質やダニアレルゲンが原因で起こる健康障害です。
主な症状として、頭痛や目・のどの痛み、鼻炎、嘔吐、呼吸器障害、めまい、皮膚炎、体調不良などがあげられます。病気のメカニズムや治療法は、いまだ解明されていません。

シックハウス症候群と化学物質過敏症の違い

「シックハウス症候群」は住居内で症状が出ることが多いのに対し、「化学物質過敏症」はあらゆる環境で化学物質に反応し、排気ガスやタバコの煙などの大気中の化学物質をはじめ、化粧品、洗剤などの微量な化学物質にも反応してしまいます。
どちらも新築・リフォーム直後に発症した例が多数報告されています。

シックハウス改善対策例

シックハウス改善対策として最も効果的な方法は、換気扇や窓開けによる換気です。徹底した室温管理も効果を発揮します。新築やリフォーム後は、完成後しばらく通気させてからの入居が理想的です。それが無理な場合は、室温を意図的に上げ拡散を促進させる“ベイクアウト”という方法もあります。

シックハウス対策に係わる改正建築基準法の概要

■規制対象とする化学物質
クロルピリホス及びホルムアルデヒドとする。

■クロルピリホスに関する規制
居室を有する建築物には、クロルピリホスを添加した建材の使用を禁止する。

■ホルムアルデヒドに関する規制
(1) 内装の仕上げ材の制限
内装仕上げ材で使用するホルムアルデヒドを発散する建材は、居室の種類や換気回数に応じて、建材の使用面積が制限される。

(2) 換気設備の義務付け
ホルムアルデヒドを発散する建材を使用しない場合でも、家具からの発散があるため、原則として全ての建築物に機械換気設備の設置を義務付ける。

(3) 天井裏等の制限
天井裏、床下、壁の内部やその他の部分から居室へのホルムアルデヒドの流入を防ぐため、下地材をホルムアルデヒドの発散の少ない建材とするか、機密層か通気止めを設けるか、機械換気設備を設けるなどの対策を講じなければならない。