「不動産の証券化」

不動産の証券化
証券化の特徴 証券化の種類 不動産特定共同事業法
優先出資証券 投資証券 投資商品の買い方

投資家の間で注目を浴びているのが「不動産証券化商品」です。地価の上昇が期待できない現代において、従来の不動産投資とは違った新しい商品が登場しています。
では、不動産証券化商品は、従来の不動産投資とどう違うのでしょうか。まずは「証券化」としての特徴を紹介します。

少額で間接的な不動産投資

従来の不動産投資は多額の資金が必要だったり、資金回収や空室などのリスクを直接受けたりしましたが、証券化商品の登場により、投資も少額なのでリスクを分散させることができます。また、物件選定や管理もプロに委託できます。

安定的で高配当の利回り

所有物件の入居者・テナントから入る毎月の賃料が配当金の原資となるので、安定した収益が見込めます。また、一定の条件により法人税が免除されるため、利益の大半を投資家へ配当することができ、高い配当利回りを得られます。

他の金融商品よりリスクが軽減

賃料相場が安定しているので、他の金融商品と比べてミドルリスク・ミドルリターンの商品といえます。個人の投資家に新しい資産運用の機会を提供します。  

換金性・流動性が高い

実物の不動産は、売りたいときに売れないというリスクがあります。証券化することで売買も容易で、換金性や流動性も高くなります。