「建売・建築条件付」

建売・建築条件付
分譲住宅の販売には、「建売」「建築条件付」の方法があります。その両者はどう違うのか、ここでご紹介します。
建売物件とは?
「建売住宅」とは、売主の建売業者が建物の面積、設備、間取り、仕様を決めて建築基準法の建築確認を行政庁から受けているものをいいます。 つまり、土地と建物を一体として販売するものを「建売」といいます。建売住宅の特徴は、経済的、かつ効率的に計画されたロスの少ない集約建築ということが基本になります。

■多くある建売住宅
一般的には、造成地に業者が土地区画し、さまざまなデザインで建築された住宅をユーザーに選択、購入させる建売が多く見られます。 建物を完成させてから売り出されるのは稀で、着工前あるいは工事中の段階で売り出されることがほとんどです。分譲マンションと同じように、完成したものを見る前にユーザーは購入することになります。

建築条件付土地とは?
建築条件付土地とは、売主が指定する建築業者と一定期間内に建築工事契約を結ぶことを条件として土地を販売するものです。したがって、建築条件付の場合には土地の売買契約後に建物の建築工事請負契約を締結することになります。

■建築条件付土地の建物は?
建築条件付土地の建物は、決められた建売住宅とは異なり、建物の間取り・仕様などを土地の購入者が自由に決定する「注文住宅」により建築することになります。

建売住宅のメリット・デメリット

建売住宅のメリット・デメリットには次のようなものがあります。

メリット
デメリット
   
(1) 間取りや仕様を考えたり、家をつくる手間ひまが必要なく、すぐに入居できる。

(2) 複数棟を同時に建設するので、建築の生産性が向上し、建築コストが抑えられる。

(3) 部材の仕入・加工が一括で行なえるので、材料費・運送コストが安くなる。

(4) プランニングが決まっているので、設計コストが抑えられる。

(5) 建てる前の先行予約販売や建築途中での販売もある。
   
(1) 工事の詳細をチェックしたり、確認したりでき
ない。

(2) ターゲット層にあわせたコスト・間取り・外観をつくるが、構造がおろそかになりがちになってしまう。

(3) 収納部分が少ないケースが多い。


(4) 間取りや仕様を変更することができない。


(5) アフターサービスに不安があるケースが多い。


(6) 欠陥・不具合の発生の不安が残る。


(7) 不動産会社が仲介するケースも多く、その場合、仲介手数料3%が別途必要になる。
   

建築条件付土地のメリット・デメリット
建築条件付土地のメリット・デメリットには次のようなものがあります。

メリット
デメリット
   
(1) 住宅設計がフリープランやイージーオーダーでつくれる。

(2) 工事過程をチェックでき、相違の箇所があれば補修させることができる。

(3) 施工検査を行なう第三者のチェックを受けることができる。
   
   
(1) 施工会社を選ぶことができない。


(2) 建売に比べて割高になりがちである。


(3) 建築時期を自由に設定できない。