「不動産登記講座」

不動産登記講座

登記とは?
「登記」とは、不動産に関する物理的現状と権利関係を「登記所」に備える「登記簿」に記載し、公示する制度です。登記をすることによって誰に対しても自分がその不動産の権利者であることを主張することができ、大切な不動産の権利を守ることができます。また「登記」により、不動産取引の安全と円滑を図ることができます。

登記簿とは?

「登記簿」には、その不動産の過去から現在に至るまで、何らかの権利を持った人と、その内容が記録されています。その意味で登記簿はその不動産の履歴書にあたります。登記簿には土地登記簿と建物登記簿の2種類があり、それぞれの登記簿は表題部・甲区・乙区の3部から構成されています。

表示に関わる登記

表示に関わる登記
報告的登記と言われ、原因発生後1ヵ月以内に登記申請する義務があります。
 
建物に関する登記の内容
「建物とは屋根および周壁、またはこれに類するものを有し、土地に定着した建造物であって、その目的とする用途に供し得る状態にあるものをいう」と定め、「建造物の外気分断性」、「建造物の定着性」、「建造物による生活空間の形成(人貨滞留性)」を建物の要件としています。
 

権利に関わる登記

権利に関わる登記は、表題部に関する登記が完了しないと申請することができません。

■権利証(「所有権登記済権利証」)とは?
権利証は、登記が完了し登記申請の時に提出した登記申請書、または原因証書(売渡証書)に、登記所で確かに登記を行なったという登記済の印を押されて交付を受けたものです。なお、権利証は紛失による再発行はされません。