「競売物件とは?」

競売物件とは?
競売物件とは、裁判所で競売にかけられる土地や住宅のことをいいます。近年、景気の低迷をうけて不動産の競売物件が増加しています。
競売とは?

「競売」とは、債務を返済することのできなくなった人が所有する不動産を、裁判所が差し押さえて一番高く買ってくれる人に売却し、その代金を債務の返済に当てることをいいます。 競売物件は、一般の市場価格より2〜3割程度安くなるため、不動産会社だけでなく一般消費者が競売に参加するケースが増えています。

競売手続の流れ

期間入札による不動産の競売の手続は、次の通りです。

■競売物件の流れ
(1)
競売物件の公告等を見て希望の物件を探す
競売は誰でも参加できます。

(2)
管轄の地方裁判所で物件明細書等を確認する
管轄の地方裁判所の閲覧室に、「物件明細書」「現況調査報告書」「評価書」が3点セットで備えてあります。

(3)
希望物件の現地調査を行なう
物件明細書、現況調査報告書、評価書で所在地、写真、図面などが自由に閲覧できます。

(4)
保証金の納付(最低売却価格の2割)
保証金の支払時に住民票などが必要です。

(5)
入札期間に希望物件の入札を行なう

(6)
開札
開札期日に執行官が入札参加者立会いのもとで封を開け、最高価買受申出人を決定します。

(7)
売却許可の決定

(8)
代金の納付(売却許可決定が確定した日から1ヵ月以内の日を裁判所が定める)

(9)
所有権の移転登記

(10)
競売物件の引き渡し

入札の手順

入札をするときは、事前に保証金(最低売却価格の20%)を指定口座に振り込みます。
そのうえで、地方裁判所の執行官から入札用紙と封筒を受け取り、入札価格等の必要事項を記入します。

記入した入札用紙と入札保証金振込証明書、住民票などを直接執行官に提出するか、または執行官に郵送します。

一旦提出した入札書は訂正できませんので、慎重に手続きします。その後、公告期日に執行官が開札し、最高値をつけた人が「最高価買受申出人」になります。

特別売却とは?

特別売却とは、期間入札をしても買受けの申し出のなかった場合に実施される補充的な売却方法で、開札日翌日より約1ヵ月の期間を定めて最低売却価格で販売されるというものです。
入札がないかわりに、受付順となる場合が多いため、購入希望者は迅速な対応が求められます。