「新聞・雑誌・本の整理法」


新聞・雑誌・本の整理法


毎日読む新聞は、定期的に処分しないとすぐにたまってしまいますよね。多くの方が一度は経験している新聞・雑誌・本の整理、処分の悩みの解決法をご紹介します。

本は読みながら処分する

新聞は読んだその場で必要かどうか判断し、必要な部分だけ切り取って、残りは処分しましょう。意外と知られていませんが、新聞の情報は図書館に行けば縮刷版として保存されています。最近ではインターネット検索で、自宅からも過去の縮刷版を読むことができる時代になりました。新聞はとにかく読み捨てることが基本です。

新聞の回収日に処分する

新聞の回収日が来ても、ひもで縛るのが面倒で先延ばしにしてしまう人も多いでしょう。結局、古新聞がたまってしまうことに・・・。そこで、ひもで縛る労力を軽減する方法を伝授します。まずダンボール箱のふたを切り取り、その底に新聞が縛れる長さの荷ひもを十字に掛けておきます。あとは読み終わった新聞を箱の中に重ねていき、いっぱいになったらひもで縛って箱から出せばOK。これなら簡単ですよね。

部屋の片隅が雑誌の山

収納スペースがなく部屋の片隅に山になった雑誌の収納方法をちょっと工夫してみましょう。雑誌を種類別に分け、好みの柄の布ですっぽり包みます。部屋のインテリアに合わせて布の柄や色を選べば、ちょっとしたアクセントになり、ゴチャゴチャした感じは避けられます。

本が捨てられない方へ

本が好きな人は、買った本をなかなか手放すことができません。でも、二度と読まない本や有効活用できない本は思い切って処分しましょう。古本屋はある程度の冊数があれば、それなりの金額で引き取ってくれます。冊数が多ければ、自宅まで引き取りに来てくれるところもあります。

有名な本はまた手に入れればよい

いつの時代も読み継がれているような有名な本は、再び手に入る可能性が高いのですが、逆に雑誌の増刊号やマイナーな出版社が出している発行部数の少ない本は、一度手放すと再び入手することは困難です。とっておいた方が無難でしょう。

本棚のかわりに図書館を利用する

いざ本を処分しようとするときは、近所の図書館を基準にすると良いでしょう。自分が持っているものと同じものが図書館にあるかどうかチェックし、あれば処分。読みたくなったらいつでも借りられます。

本は友人にプレゼントする

本が新しいうちは、趣味や傾向が似ている友人にプレゼントしてみましょう。相手も喜んでくれるし、読みたくなったらもう一度貸してもらう事も可能です。

本棚に階段を利用する

本棚に収まりきらない本は、家の中で置けそうなデッドスペースを探してみると良いでしょう。たとえば階段は人が通れるだけの幅があればよいので、それ以外の使ってないスペースを本棚に活用します。文庫本なら一段に5〜6冊立てられます。